【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)

引っ越しは体力的にも大きく消耗するイベントですが、金銭的にも大きな出費になります。引っ越し費用と言われると、荷物を運んでくれる引っ越し業者に支払う費用についてだけ考えてしまいがちですが、それだけですむことはまれです。

今回は、ファミリー編と一人暮らし編に分けて、引っ越し全体にかかる費用についてまとめてみました。

ファミリー編

子どもが大きくなってくると、今住んでいる物件が手狭になってきて、引っ越しを考える家庭も多いのではないでしょうか?ここでは、夫婦と子ども2人の4人家族を想定した金額を紹介します。

両方で等しくかかる費用

まずは、ファミリー世帯でも一人暮らしでも等しくかかってくる費用について見ていきましょう。様々な契約ごとの初期費用は、大体こちらに当たります。自分の家庭が平均と比べてどうかということを考えながら、相場を参考に、引っ越しにかかる費用を考えましょう。

退去費用

旧居の契約にかかわる費用です。敷金がある契約をしていた場合は、そこから原状回復費用という修繕費が差し引かれた分が返ってきますが、敷金ゼロの契約だった場合は、汚損や破損をした部分の修繕費用を請求されます。

相場は1平方メートルあたり1,000円程度ですが、その部屋での過ごし方によりだいぶ金額が変わるので、余裕をもって準備しておきましょう。修繕費用について特約が決められている場合は、指定の金額がかかります。

また、ルームクリーニング費用を請求される場合もあります。相場は20,000円〜30,000円で、特に汚損や破損がない場合は、この金額のみですむ場合がほとんどです。さらに、退去の申し出がぎりぎりだった場合は、1ヶ月分の家賃を余計に請求される場合があります。引っ越しが決まったら、すぐに退去の手続きをとるようにしましょう。

入居費用

入居にかかる初期費用は、以下の通りです。家賃で考えると、およそ5〜6ヶ月分に相当するでしょう。家賃が60,000円程度のところでも、300,000円〜400,000円ほどかかります。

入居費用を安くすませたい場合は、敷金礼金がかからないところや鍵の交換代などの雑費がかからないところを探してみましょう。

  • 敷金:家賃1ヶ月分〜2ヶ月分くらい
  • 礼金:家賃1ヶ月分〜2ヶ月分くらい
  • 前家賃:入居日から見た翌月分の家賃
  • 家賃の日割分:入居日から同月末までの家賃の日割分
  • 仲介手数料:家賃半月分〜1ヶ月分
  • 火災保険料:約20,000円
  • 保証会社の利用料:家賃半月分〜1ヶ月分
  • 鍵の交換代:約15,000円

住民票の写し代

役所の窓口で300円程で発行してもらえます。免許更新などに必要なので、転入届を出しに行く時、ついでに交付してもらいましょう。世帯全員の記載があるものを取得すれば、1枚でいろいろ使い回しができます。

挨拶品代

左右上下の隣接する部屋の住人や、マンションやアパートの代表者などに挨拶をしに行く時には、ちょっとした菓子折りや、旧居があった場所の特産品などを用意するといいでしょう。金額は1個500円前後で十分で、高いものである必要はありません。

ガスの開栓に伴う預り金

利用する会社にもよりますが、ガスの開栓の際に、保証金や預り金という名目で10,000円程度必要な場合があります。このお金は、退去時に戻ってきます。開栓の手続きをする時に尋ねれば、金額などを教えてもらえます。

インターネット回線の新規契約、移転手続きに伴う費用

旧居のインターネット回線を解約する費用と、新居での新規契約に伴う費用がかかります。移転をする場合は、移転工事にかかる費用です。ほとんどの場合、携帯電話と同じように契約更新月があります。更新月でない時期に解約する場合は、契約解除料として10,000円程度かかることを覚えておきましょう。

新規契約に伴う費用は、契約内容により数千円から数万円かかりますが、キャッシュバックで後日返還される場合が多いです。移転するなら、数千円から30,000円ほどかかります。

ファミリー世帯でかかる費用

以下のものは、一人暮らしと比べると、人数が多いために金額が変わってくる費用です。荷物量や引っ越しの状況によって金額が変わるので、できる部分だけでも事前に計算しておくことが大切です。

引っ越し業者に支払う費用

荷物量が多いので、60,000円〜130,000円が相場です。子どものものが捨てられず、何でも持っていこうとすると、もっとかかってしまいます。ここはぐっとこらえて、必要なものと不要なものの見極めをしましょう。

具体的な金額を知りたい場合は、引っ越しの「一括見積もりサイト」を利用して、見積もり額を調べるのがおすすめです。

移動費や外食費

旧居から新居まで車で移動する場合は、ガソリン代や高速道路代だけですみます。一方、電車や新幹線などの公共交通機関を利用する場合は、人数に合わせて加算されるので、それなりに大きな金額になります。

また、引っ越し前日や当日は、自宅で食事を作ることが困難です。最低でも前日の晩から3食くらいは、外食をすることを想定しておきましょう。

一人暮らし編

一人暮らしでも、引っ越し費用はファミリー世帯と同じくらいかさみます。初めて一人暮らしするなら、なおさらでしょう。実家から離れて身軽になる分、必要な出費もあるので、あらかじめ準備をしてから動くようにしましょう。

両方で等しくかかる費用

こちらは上述した通り、ファミリー世帯と単身世帯であまり大きな変化はありません。一人暮らしの方が部屋が狭い分、初期費用として払う家賃や修繕費などが、多少安くすむ場合があります。しかし、それはファミリー世帯の引っ越しを比較しても、立地や間取りによって金額の幅が出てくるものなので、臨機応変に考えましょう。

一人暮らしでかかる費用

以下の項目は、ファミリー世帯と大きな違いが出るものです。安くすむ部分もあれば、大きな出費になる部分もあるので、必要になるものをしっかりと把握して、少しでも安くできる方法を考えましょう。

家具家電の購入費用

一人暮らしを新しく始める場合は、家具や家電も一からそろえる必要があります。安いものを見繕っても、一通り購入するためには150,000円ほど必要です。初期費用に次いで、ここが大きな出費となるでしょう。

安くすませたいなら、親戚や友達に使っていない家具や家電がないかを尋ね、譲ってもらうなどの工夫をしましょう。

引っ越し業者に払う費用

一人分で荷物も少ないので、20,000円〜50,000円ほどです。荷物が多いとそれだけ費用が増すので、大きなものは引っ越し先で購入することをおすすめします。

移動費や外食費

一人分なので、そんなにかかりません。実家から引っ越すなら、前日や当日の朝は普通に食事できますし、当日の昼も使い捨てのパックにお弁当を詰めていけば、外食費の節約になります。

引っ越し全体にかかる総額はいくら?

引っ越し全体にかかる総額をまとめると、ファミリー世帯で500,000円前後、一人暮らし世帯で400,000円前後と考えられます。一人暮らし世帯で、家具や家電も一からそろえる予定なら、ファミリー世帯と同じくらいの金額がかかると想定しておいた方がよいでしょう。

まとめ

全体を通してみると、引っ越し業者に支払う費用以外にも、引っ越しには多くのお金がかかることが分かります。

このほかにも、家具や家電を処分するための費用がかかったり、エアコンを持っていく移設費用がかかったりする場合があります。自分の生活を見直しつつ、引っ越しにかかる費用をできるだけ最小限に抑えられるよう、一括見積もりサイトを活用するなどして工夫していきましょう。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ