引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場

引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場

引っ越し業者は、各社いろいろな工夫をしたサービスを提供し、他社との差別化を図っています。その中でも、荷物を一時預かってくれるサービスは引っ越しの合間に自由時間が持てることから、長距離の引っ越しでは需要も多く、特に建て替え時に威力を発揮します。

他にもいろいろな利用方法が考えられますので、ポイントごとに分けて見てみることにしましょう

トランクルームサービスとは

長距離の移動では、荷物より自分が先に新居に到着し、鍵を不動産屋から受け取って掃除をして、新たに購入した絨毯を先に敷いてもらって、大型家具を家具店から荷物到着前に先に搬入してもらって……なんてやっていると、引っ越しトラックをずっと待たせることになり、作業延長の割り増し料金も随分と加算されてしまいます。

そんな時には、荷物を一時預かってもらい、後日搬入をしてもらうサービスがありがたいものです。他にも、いろいろな事情で荷物を半分しか入れられない、荷物を分けて搬入したい、しばらくの間預かってもらいたい、などの要望に応えてくれるのがトランクルームサービスです。

荷物の一時預かりサービス

引っ越し業者が引っ越しプランの有料オプションサービスとして、家具や家電、ダンボールなどを一定期間預かってくれるサービスです。

引っ越しを一気に短時間で全て終わらせたい人もいる反面、すぐには搬入できない場合など様々な事情がある人もいます。

転居先の事情ですぐに運べない場合や海外留学の間だけ預かってほしい場合など、様々な利用シーンが考えられます。その際、プロの手で丁寧に養生しながら運んでもらえるので、安心して任せることができます。

自宅の建て替え時にこんなに便利

自宅の建て替えをする間一時的に仮住まいをしようと思うが、家財全てが収まる物件を探すのは結構な広さが必要だし、その分、家賃も高くなるし条件ぴったりの空き物件もなかなかない。トランクルームサービスが一番助かるのはこんな時です。

季節外の衣類や、新居完成まで使わない家財や家電をまとめて預かってくれるので、一時住まいの家の収納を気にする必要がありません。荷物が少なければ、一時的な仮住まいなので多少狭くても我慢できますし、家賃だって安くなり、空き物件も見つけやすくなるでしょう。

退去日と入居日にずれがある場合でも安心

たとえば長距離の引っ越しの場合、移動経路の途中で親戚の家に立ち寄りたい、お互いの実家に顔を出したい、せっかくだから観光も兼ねてのんびり移動したいなんていう時の他に、前入居者の都合で退去が延び、ハウスクリーニング待ちのためまだ荷物を入れられない、なんていうケースもあります。

こんな時、身の回りの物だけを持って旅行気分で移動し、何日か後に荷物を搬入してもらえるといいですよね。

繁忙期は子どもたちの春休みの時期なので転校の寂しさを紛らわし、思い出作りのためにも、途中のテーマパークに立ち寄ることを引っ越しのスケジュールの計画に組み込む家庭もあるでしょう。

お父さんは仕事の引継ぎで連日忙しく、お母さんにしても引っ越し準備を一手に任され、多忙でなかなか子どもたちときちんと向き合えていなかったかもしれません。親だって転居先の不安がないわけではありません。子どもと一緒に良い気分転換になればいいですね。

その他、こんな場合にも何かと便利

一部の内装工事が終わらず、その部屋の荷物だけを預かってほしい時など、荷物を2回に分けて搬入したい場合があります。こんな時にも、無理矢理全部をどこかに搬入して、その後家具の移動をしなくても済むので便利です。

部屋の家賃や契約期間の締日の関係で、ほんのちょっとの差で更新手数料を払わなければならない場合など、早めに退去を済ませなければならないこともあります。このようなタイミングによっては、一時預かりサービスに預けた方が安上がりになることもあります。

どんな人の荷物でも預かってくれる?

引っ越しの有料オプションサービスとしている業者がほとんどですが、中には大がかりなリフォームで一時的に家財を預かってくれる引っ越し会社もあります。

大きな家財を引き取りに来て、一定期間預かってもらい、リフォームが済んだら所定の日に届けてくれます。自宅の収納スペースが手狭なため、オフシーズンの家電や衣類を預かってもらう、という利用の仕方はできません。

引っ越し業者のサービスの特徴は

自分で重く大きい荷物を運ぶ必要がなく、プロの引っ越し作業スタッフが安全に運んでくれますし、万一の時の補償もあるので、その点でも安心できるのではないでしょうか。

引っ越しから全て一括の手続きで済むので簡単低料金

個人でトランクルームやレンタルスペースを契約するわけではないので、保証金や契約手続きの煩わしさがなく、引っ越し契約時に何もかも全てまとめて申し込めるので便利です。

費用面でも引っ越しとトランクルームサービスを別々に頼むと出費は大きくなりがちです。たとえば、建て替えでの一時預かりでは、旧居から仮住まいへの引っ越し、トランクルームでの荷物の一時預かり、新居完成後の仮住まいから新居への引っ越しをトータルで契約することになるので、その分の値引きも大きく、低料金で済みます。

業者により利用条件が違う

引っ越し業者の規模、同じ会社の中でも営業所や支店の建物や立地の条件などで、引っ越し荷物一時預かりサービスの利用条件のルールも一定ではありません。

あくまでも一時的に無料で預かる場合があれば、建て替えが終わるであろう期間の目安として、5か月や半年のみとする業者もあり、長期の場合は、月ごとの加算料金がかかるシステムをとる業者もあったりします。

保管状態や期間を考え、今回の引っ越しでは、安さで選ぶのか、しっかりした保管を期待したいのか、引っ越しの作業の質を重視したいのか、ある程度の方向性をあらかじめ考える必要がありそうです。

利用する時に気をつけたいポイント

預ける期間もそれぞれですが、利用の仕方にも独自のルールが決められています。
事前に必ず確認して、いざ預けてから「こんなはずじゃなかった」ということがないようにしましょう。

自由に出し入れはできるのか

これも業者により異なります。引っ越し業者が他の会社が経営するレンタルスペースと提携している場合は、そちらの会社のルールに従うことになります。外部に委託する場合は24時間自由に出し入れできることが多いでしょう。ただし、その分預ける料金も割高になることがあります。

自社の倉庫で管理する場合は荷物の出し入れを不可として安く引き受ける場合もありますし、出し入れごとに有料とするところや、事前連絡すれば無料でできるところなど、いろいろなケースがあります。しばらく使わない物を預けるなら格安で保管してくれところがいいでしょう。

預ける期間に制限はあるか

大手業者の公式サイトを見ても期間と料金設定の記載はありません。つまり、保管場所の状態にもよりますし、空きさえあればいつまでも預けることも可能かもしれませんし、荷物量により異なることもあるでしょう。

また、あくまでも建て替え時だけに限定して預かる業者もあります。海外転勤で期間の延長がありそうな場合はその後のルールについても確認しておいたほうがよいでしょう。

保管時の環境は?どんな物でも大丈夫?

これも業者により千差万別です。だだっ広い空調のない倉庫、区画の目安となるシートを敷き、その上にまとめて置く場合も、空調で温度や湿度管理が行き届いた建物内で保管するところもあります。

外部の提携先に委託する業者はその提携先がどんな会社かにもよります。屋外のコンテナルームなら、夏は高温になることが予想されます。そのため、預かってもらう時の保管状態を確かめてから、預ける物の選別をしなければならないでしょう。

まとめ

家の建て替え時には2度の引っ越しをお願いすることになります。1度目で何かトラブルがあったり荷物の保管状況が思っていたものと違う場合でも、2度目を他の業者に変更することはできません。できるにはできても違約金が発生することになります。

そのため、次の引っ越しでもその業者に頼みたいと思えるような選び方が大切といえます。
安さだけに惑わされることなく、預かってもらう時の荷物の状態、作業品質などトータル面で納得のいく業者選びをおすすめします。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ