衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点

衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点

WOWOWやスカパー!など衛星放送を利用していた人でアンテナを外して引っ越しする場合の料金相場と注意点を解説しています。

取り外しと設置にかかる料金は、アンテナの設置場所によって異なります。ベランダや手の届く壁からの取り外し工事で5,000~10,000円、取り付けで15,000~25,000円が目安です。屋根だと2,000~10,000円余計にかかります。

DIYや配線が得意なら自分でやる方法もありますが、危険を伴うので、専門業者か引っ越し業者のオプションサービスを利用するのがおすすめです。

衛星アンテナは引っ越し業者に任せていいの?

WOWOWやスカパー!を契約する時に業者が衛星アンテナを設置してくれた、という人も多いのではないでしょうか。引っ越しの時には、この衛星アンテナを一体どうやって外して誰が付けてくれるのでしょうか。

有料オプションで対応してくれる引っ越し業者も

有料オプションサービスで、衛星アンテナの取り外しと設置を行っている引っ越し業者があります。
衛星アンテナの工事は特に必要な資格はありませんので、引っ越し業者にノウハウさえあれば全てお任せすることが可能です。

そのためだけに次項で説明する電気工事業者に依頼するとなると、明らかに料金が高くついてしまうので、それなら、引っ越し業者に一任するのが得策でしょう。

衛星アンテナの取り扱いをしていない引っ越し業者も中にはあります。その場合、個人で電気屋さんなどに直接依頼するようにすすめられます。インターネットやタウンページで近くの電気工事業者を探してみましょう。

その際、引っ越し先が近場ならいいのですが、県をまたぐとなると営業エリアの都合上、取り外しと設置を別の電気工事業者に依頼しなくてはならないことも考えられますので、ご注意下さい。

DIYや配線が得意なら自分でやる手も

衛星アンテナは電気量販店でも売られていて、特に難しい技術を必要としないため、安く購入して自分で設置した人もいるでしょう。自分で取り付けたのであれば、取り外すことはさらに簡単ですし、費用の節約にもなります。

腕に覚えのある人は挑戦してみるのもいいでしょう。部品は次の設置でも必要になるので、壊したり失くしたりしないよう慎重に作業しましょう。ただし、屋根の上などの危険を伴うような作業の場合や悪天候時には、決して無理をせず業者に任せることも検討しましょう。

業者に依頼するにしても、自前作業をするにしても、屋外での作業となるため、予定していた日に大雨、大雪、強風などの荒天になってしまい、作業日が変更せざるを得ないこともあります。

引っ越し前に余裕をもって計画しましょう。また、荒天でなくとも、アンテナの調整は天候が悪いと電波が弱くなり角度の調整が難しくなりますので、なるべく雲の少ない日の作業が望ましいです。

取り外しと設置料金はどれぐらいかかるの?

料金は、必要な工事の難易度、取り外しや設置する場所の危険度によって違ってきます。また、「引っ越し業者のスタッフがやる場合」「引っ越し業者が関連会社に任せる場合」「提携業者に直接委託する場合」などでも若干異なります。

アンテナ設置場所によって料金が異なる

ベランダや手の届く壁からの取り外し工事なら5千円から1万円、取り付けなら1万5千円から2万5千円程度の費用が発生します。さらに、屋根だと2千円から1万円程度の加算が予想されます。

これらの料金を安いと感じるか高いと感じるかは、設置場所と自分でできるかをよく考えてみるといいでしょう。

追加料金が発生するケース

取り付ける場所が急勾配の屋根や足場のない外壁など、危険度や作業の難易度によって追加料金が発生するケースがあります。また、設置するのに今までとは違う形状に取り付ける場合、取り付け金具が合わなかったり、他のケーブル、分配器、混合器など、必要に応じて実費がかかります。

受信状態が悪くて見られない場合の返金は?

建物の立地条件、障害物の有無などにより衛星放送の電波の受信状態が悪く、受信レベルが弱かったり、1部映らないチャンネルがあっても作業代金の返金とはなりません。そうならないよう、事前に受信状態の確認が必要であれば、作業内容により下見をしてもらったほうがいいでしょう。

その際は下見料金が発生することが多く、下見をして設置をすることが決定すれば、下見料金は作業料金と相殺となることも多いです。

ちなみに、高い建物が多かったりして空がよく見えない場所や、近所で衛星アンテナを設置している家が見当たらない、という場所では受信状態が悪いことも考えられます。また、取り付けをした結果、電波の弱い地域だったとしても、ブースターを設置して改善されるケースもありますが、追加料金が発生します。

アンテナが立てられない!でも衛星放送は見たい

アンテナが立てられなかったり、受信状態が悪い場合、衛星放送を諦めなければならないのでしょうか。いいえ、まだ方法はあります。集合住宅の場合は、共同アンテナやケーブルテレビという手段があります。また、最近ではインターネットを利用する方法もあります。

共同アンテナ、ケーブルテレビなら、個人アンテナは不要

共同で使える集合アンテナを立てているマンションもあれば、地デジの受信状態が不安定なためにケーブルテレビを導入しているマンションもあります。どちらも、各住戸別に配線されており全入居者が衛星放送を見られるので、個人所有のアンテナが不要になります。

そんな時には、旧居で取り外した衛星アンテナを処分するのか、次の引っ越しのためにとりあえず保管しておくのかを決めましょう。

もし処分する場合は、外す前に念のため管理会社や大家さんに、「次の家では衛星アンテナが不要なので、この後新しく入居される方に見てもらえるよう、もしよろしければ残しておきましょうか?」と、聞いてみてはどうでしょう。

衛星アンテナが付いていれば、新しい入居者の募集広告に付帯設備として「衛星アンテナ有り」と記載することができます。取り外し費用の節約になりますし、良心的な大家さんなら、いくらかのお金で買い取ってくれるかもしれません。

フレッツ・テレビやIP放送

衛星アンテナがなくても、インターネットを利用して衛星放送を見る方法があります。具体的には、NTTの提供するフレッツ光の「フレッツ・テレビ」というサービスが、それにあたります。CSデジタル放送スカパー!と同じチャンネル契約が可能です。

IP放送もインターネット回線を直接テレビに接続して映画や番組を見ることができます。地デジやBS放送の見逃した番組を見ることができる「ビデオ・オン・デマンド」というサービスがあり、テレビ番組をリアルタイムで見ることができなくても、後で自分が都合の良い時間に見ることができます。

あの番組は面白かった、あのドラマは1話から見れば良かったのに、などの評判を聞いてからでも決して遅くありませんよ。ただし、映像データの受信に適した、光ファイバーケーブルなどの高速ブロードバンド回線が必要になります。

まとめ

衛星アンテナは資格不要で設置できるので、やろうと思えば自分でもできますが、設置場所によっては危険が伴う場合もあり、そのために工事業者を別に依頼するとなると費用が割高になってしまうので、結局は引っ越し業者のスタッフに任せるのが一番簡単で安く済むのではないでしょうか。

新居では、念のため管理会社や大家さんに、アンテナ設置の許可を取ることおすすめします。見栄えが良くないからと、ベランダの取り付けを禁止している物件が稀にあります。

同じマンションの他の家にアンテナが設置されていたとしても、事前に一言お伺いを立てたほうが良いでしょう。契約している衛星チャンネル業者には住所変更届けをすることをお忘れなく。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ