引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点

引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点

旧居で神出鬼没な虫たちに悩まされた経験のある人や、きれい好きな人、アレルギーのせいで衛生環境が気になる人などにとって、新居での害虫対策は大切です。

専門業者に依頼する方法もありますが、引っ越し業者でもオプションとして害虫駆除サービスを行っているところがあります。どんなサービス内容なのか、チェックしてみましょう。

引っ越し業者の害虫駆除サービスとは?

引っ越しの際に行われる害虫駆除には、主に2種類あります。

1つは、トラックの積み荷に潜む虫を根絶やしにするタイプです。もう1つは新居にもともといる虫を駆除し、さらに外から入ってこないように対処するタイプです。

同じような名前のオプションサービスでも、引っ越し業者によって取り扱っている駆除の方法が異なるため、それぞれの特徴を詳しく知っておきましょう。

引っ越し業者では荷物の虫を殺虫・消毒する

引っ越し業者の用意しているオプションサービスのほとんどは荷物の虫を殺虫・消毒する方法で、旧居で荷物に入り込んでしまった虫を死滅させることを目的としています。

作業は荷物を積み込んだ後から運搬中の移動時間を使って行われ、トラックの荷台で薬剤を散布し、殺虫や消毒を行います。

使用頻度の低い鞄や衣類、家具の隙間などに潜んだ虫やその卵は、一つ一つ取り除くのは不可能なので、この薬剤散布で一掃します。料金は3,000円~5,000円と、比較的安価に行えます。

移動時間が短すぎる場合は使えない?

この方法は数時間密室状態を保つ必要があるので、短距離の引っ越しには向きません。目安は30分程度で、これ以上短い場合は、薬剤が行き渡る前に荷物を運びだすことになるので、受付自体をしてもらえないことが多いです。

どうしても行いたい場合は、自力で行いましょう。自分で行う場合は、新居か旧居で一部屋ずつ燻蒸式・燻煙式の殺虫剤を焚いて回るか、一つの部屋に荷物を詰め込んで殺虫剤を焚きます。煙感知器が作動しないように、センサーにはビニール袋などでしっかりとふたをしましょう。

こんな人におすすめ

こちらの害虫対策は、旧居で害虫を見たことがある人におすすめです。いくら新居がきれいでも、 持ち込んだ荷物に虫の卵がついていれば、やがてふ化して新居で増えていきます。

また、旅行や出張でいろいろなところに行く人にもおすすめです。害虫は鞄の隙間などに入り込んでついてくることがあるので、旧居で害虫を見たことがなくても、思わぬ場所でもらってきているかもしれません。

新居の虫を殺虫・消毒する

新居虫を殺虫・消毒する方法は、荷物を運びこむ前の新居に害虫対策を施し、入居後に虫とは無縁の快適な生活を送るためのサービスです。

薬剤の効果を高めるため、作業後数時間は締め切る必要があります。そのため、すぐには入れないので日取りには注意しましょう。

新居がアパートの場合15,000~30,000円程度で、料金は間取りによって異なります。また、除菌サービスもつけると、さらに3,000~5,000円ほど高くなります。戸建ての場合は、アパートよりも数千円程度高い傾向があります。

この方法は、引っ越し業者より不動産業者が扱っている場合が多いです。引っ越し業者で取り扱いがない場合は、直接害虫駆除業者にお願いするか、不動産業者に取次ぎを頼みましょう。

自分でやるより効果が長持ち!

自分で行うよりも効果が長持ちするのが、このサービスのメリットです。防虫シートの敷き込みサービスを行っている業者もあるので、虫が嫌いな人は見積もり時にどんな作業をしてくれるのか、確認しておきましょう。

こんな人におすすめ

引っ越し先の内覧をしたときに虫を見つけた人や、虫が嫌いでどうしても見たくない人、ノミやダニなどのアレルギーを持っている人におすすめです。

専門業者に依頼するのとどう違う?

引っ越し業者にオプションとして害虫駆除サービスを依頼するのは、害虫駆除の専門業者に直接依頼した場合と比べて、サービスの質には全く違いがありません。なぜなら、引っ越し業者に依頼しても、駆除の専門業者に外注する形で作業を行うからです。

ただ、仲介料が発生するために、引っ越し業者を経由させた方が数千円程度割高になります。

どちらに依頼するのが良いかは、自分で安い害虫駆除業者を選ぶ手間をかけるか、引っ越し業者に頼んで手間を省くかによって異なります。希望のサービスや料金を見極めて、自分にあった方法を選びましょう。

害虫駆除はどうして引っ越しのタイミングがいいの?

引っ越し業者のサイトなどを見ていると、引っ越しをする時が害虫駆除を行うのに絶好のタイミング!と説明しているところを見かけます。どうして引っ越しのタイミングで害虫駆除を行うのがよいのでしょうか。

ただ単に、引っ越し業者がオプション料金で儲けたいからではありません。これにはきちんとした理由があります。

引っ越しの際、荷物はトラックの中に全部まとめられているので、一回ですべての荷物の害虫を駆除できます。これにより新居に旧居の虫を持ち込まないようにすることができます。

また、新居の害虫駆除も、荷物搬入前に行うことで効率よく済ますことができます。一度家具を配置すると隅々まで対策をするのは非常に骨が折れますし、ものを動かすなどの手間が増えるため、業者に依頼する費用も割高になります。虫が心配なら、ぜひこの機会にやってしまいましょう。

オプションサービスが高すぎるという場合は、自分で殺虫剤などを用意する手もあります。引っ越し業者や不動産業者に、引っ越し作業時や入居前に自分で害虫駆除をしていいかを尋ねてみましょう。

引っ越しは、普段手の届かないところにまで害虫対策ができる絶好の機会です。虫が出ることを気にする人は、後悔しないよう自分に合った方法の害虫駆除サービスを利用し、新居で快適に過ごしましょう。

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ