エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用

エアコンやBSアンテナは、購入した販売店でサービスで安く設置してもらうことが多いと思います。引っ越しで取り外さなければならないときはどうしたら良いのでしょうか。

同じ業者に安く引き受けてもらえれば良いですが、長距離の引っ越しだと、取り付けまで頼むわけにはいきません。そこで今回は、一般的なエアコンやBSアンテナの移設方法、費用について説明します。

引っ越しの際のエアコンやBSアンテナの移設はどうすべき?

エアコンを取り外すには特別な資格を必要としません。引っ越し業者で取り外してもらえることもあります。取り付けの際の標準的なエアコン設置工事は、室外機の設置、内外接続線を室内機と室外機につなぐ作業、アースターミナルへの接地に関する作業、冷媒配管やドレインホースの接続、室内機の壁への固定です。

中には電気工事士の資格を必要としないものもありますが、新居の設置環境がわからない以上はどのような電気工事が必要かわかりませんし、部品交換や延長ホースが必要になることもあるため、最初からプロの電気工事士に依頼するのが安心です。

BS・CSアンテナの場合は、取扱説明書を見て自分で作業することもできます。しかし、取り付けた時に業者が行ってくれた場合や、屋根の上など危ない場所に設置してあるなら、引っ越し前の忙しい時に無理をせず、安全第一を考えて業者に依頼しましょう。以下に、移設の手配の流れと料金例などを紹介します。

自分で手配をしたい人は

知り合いに電気工事士がいたり、評判の良い電気店が近くにあったりするときは、自分で依頼をしても良いでしょう。知り合いだから安くしてもらえるとも限らないので、とりあえずはいくらぐらいになるかの見積もり金額を聞いて値引きの余地があるようなら交渉してみましょう。

近い範囲での引っ越しなら取り外しも取り付けも同一の業者に頼めますが、遠距離の引っ越しになれば高い出張費を支払って、同一の業者にやってもらうのでは割に合いません。そこで、新居近くの工事業者を自分で探して依頼する必要があります。各社で公開しているオプションサービスの料金例は以下のようになっています。

A社

以下は全て税別の価格です。

エアコン取外 ¥8,000~
エアコン取付 ¥17,000~
BS・CSアンテナ基本工事 アンテナ別売 ¥10,000~
アンテナ受信状態調整 屋根、壁面 ¥7,000~
アンテナ受信状態調整 ベランダ ¥5,000~
引掛けシーリング取付 ¥2,000~
インテリアファン取付 ¥5,000~
シャワートイレ取付・交換工事 ¥7,000~
食器洗い取付工事 水栓代別途 ¥5,000~
ホームシアター配線工事 要お見積り

B社

エアコンの移設 6km以上 \43,000~ 材料費含む
食器洗い機取付 \11,000~ 材料費別
シャワートイレの取付 \13,000~ 材料費別

C社

エアコン移設 運搬込み ¥10,000

D社

エアコン移設工事 ¥25,000~ ~2.8KWまで 既設処分費別途

E社

標準エアコン取外し工事 ¥6,000 専用台からの取外は別途
取外し済みエアコン 中古製品100V 取付工事 ¥8,000
取外し済みエアコン 中古製品200V 取付工事 ¥11,000
古い衛星アンテナの撤去処分 ¥3,000
BSアンテナベランダ手すり取付 金具も含む ¥12,000
BSアンテナコンクリート手すり取付 金具も含む ¥15,000
BSアンテナ壁面取付 金具も含む ¥18,000
BSアンテナ屋根上取付 金具も含む ¥23,000

スカパー!加入をしている人は

スカパー!加入時にアンテナを設置してもらった人は、引っ越しの時もスカパーと提携する電気工事業者に移設を依頼できます。専用の相談窓口があるため、疑問点を聞きながら進めたい人は電話がおすすめです。

ただし、近距離の引っ越しとでも旧居から新居に運んでその日のうちに取り付けてもらうことはできません。取り外す日と取り付ける日は、別日となることがあらかじめ決められていることに注意しましょう。

スカパー!引越しサポートに依頼する

アンテナ機器の取り外しは基本的には自分で行います。希望により¥3,500で取り外してもらうこともできます。

機器取付 チューナーとアンテナのセット ¥7,000

Myステージ特典で無料になる場合もあり。

引っ越し業者に一括して頼みたい人は

自分で段取りをつけて、電気工事業者やスカパー!などの別々の業者に連絡を取り依頼するのも手間のかかるものです。引っ越し業者の多くは、標準の引っ越しプランにプラスして有料の多彩なオプションサービスを用意しています。

エアコンの移設や電気関係の工事は、引っ越し業者と提携する正式な電気工事業者を手配してくれます。また取り外しだけは資格所持者でなくてもできるので、その点では個人で業者に頼むよりもかかる費用が安くなることが考えられます。

きちんとした引っ越し業者と提携している電気工事業者なら技術も確かですし、料金設定も良心的なところが多いはずです。引っ越し業者は何よりも顧客の口コミを大切にするため、オプションで提携業者の作業といえども作業品質が悪ければ引っ越し業者の名前に傷がつくことにもなりかねません。

そのため、引っ越し業者が安心して任せられる電気工事業者を厳選して提携しています。どこの電気を工事業者にお願いしていいかわからない人は、全てお任せで安心のできるオプションサービスの利用が一番無難と言えるでしょう。以下に、引っ越し業者で明示するオプション作業料金例を紹介します。

A社

エアコン取外 ¥4,000
エアコン取付 ¥8,000
配管交換・延長1m ¥3,000
ガスチャージ ¥20,000~
照明取付 5灯まで ¥3,000~
シャンデリア取付別途見積り ¥5,000~
TV配線 ¥3,000~

B社

エアコン脱着標準工事 ¥9,500~ 部材・追加工事費は別途、遠方付加の場合あり

C社

エアコン取外 ¥5,000~
エアコン取付 ¥8,000~
エアコン基本工事 取付・取外セット ¥9,800~ キャンペーン価格!
食器洗浄機取付・取外セット ¥12,000~
BS・CSアンテナ取付・取外セット ¥12,000~

D社

エアコン取外 ¥5,250
エアコン取付 ¥7,350
温水洗浄便座取外 ¥5,250
温水洗浄便座取付 ¥7,350
CS・BSアンテナ取外 ¥7,350
CS・BSアンテナ取付 ¥8,400
TV・VTR配線 ¥3,150~
食器洗い機取外 ¥7,350
食器洗い機取付 ¥8,400

※上記は税込価格です。

他の電気製品の配線や移設もお願いできるの?

最近では電気製品の進歩のため、設置や配線などにある程度の知識がないと難しいものも多くなっています。そのため引っ越し業者ではオプションサービスとして一つ一つの家電製品に対して有料で設置を行っているところもあります。一般的に多い作業内容と料金例を紹介します。

照明移設サービス

吹き抜けやロフトなど天井が高い場合の照明の引っ越しは思ったよりも大変です。そんな時に照明の取り付け・取り外しをオプションで行っている引っ越し業者があります。照明の中でも大きく重くなるシャンデリアは、特に気をつけて扱う必要があります。

重量の重いものなら天井に補強工事が必要になることもありますが、電気の配線に加工が必要なときは電気工事士の資格保持者でないと工事ができない場合もあります。そのため大きなシャンデリアの場合は取り外しや取り付けの際に下見が必要です。

その際に出た見積もり額によっては設置を諦めて他の簡易に取り付けられる照明に買い替えを検討する人もいるようです。

AV機器接続サービス

最近は家電の電源のオンオフや、録画予約、お風呂の給湯など、外出先からスマホを使って操作できるようになりました。テレビからも、ゲーム機器やブルーレイレコーダーやホームシアターの配線、パラボラアンテナやチューナー、インターネットのケーブルなど、コードが複雑に伸びていることがあります。

一気に接続されていたコード類を外して何もない状態になったときに、正しく間違わずに接続できる自信のある人はどれくらいいるでしょうか。接続のシステムが理解できないのでは、また同じように配線し直すのも困難です。

そんな人たちのためのサービスがAV接続サービスです。一つ一つの機器に対して料金設定がある業者と、一括してお願いできる業者があります。

食器洗い機、温水洗浄便座など

外付けの食器洗い機や、トイレの温水洗浄便座を外して持っていく場合、要領さえわかっていれば自分でできるものもありますが、引っ越し後の忙しい時に一つ一つ取扱説明書を前にして時間をかけて設置するのが煩わしい場合もあるでしょう。

引っ越して新しい環境になったからにはすぐに使いたいものもあるはずです。そんな時に助けになるのが引っ越し業者のオプションサービスです。たった1つの簡単な作業のためにわざわざ電気技術者を呼ぶのも気が引けますが、引っ越しの時にまとめてやってもらえば引っ越してからでもすぐに使うことができます。

引っ越しの時は何かと忙しく、自分でも全てを正しく手続きできているかどうかもいまひとつ自信が持てないものです。そんな時は、一括して任せられる引っ越し業者のオプションサービスを利用したほうが何かと安心できるのではないでしょうか。

一括見積もりサイトを利用すれば、希望しているオプションに対応してくれる業者を簡単に探すことができます。その業者の中から、さらに費用を比較することもできるので、このようなサービスを有効活用して、上手に引越しを進めていきましょう。

※本文の料金は、2017年5月24日現在のものです。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ