引っ越し料金は午前便、午後便、フリー便で異なるので注意

一日がかりの引っ越しでは、トラックは丸一日貸し切りになります。1台のトラックが一日のうちに何件かの引っ越しを請け負う場合は、午前、午後といくつかに区切った時間帯でサービスを提供しています。

これは単に時間帯を分けただけではなく、引っ越し料金に大きく関わってくるものです。これらのプランのメリットやデメリットについて解説します。

朝一番から始まるため人気のある午前便

引っ越し業者により、使用する呼称には多少の違いがあります。午前便、朝イチ便、1便、朝便などがありますが、朝一番から始まる引っ越しという点で全て同じです。

午前便とは

引っ越し業者のその日の一軒目の作業が午前便です。大体8時から9時の間の開始となることがほとんどです。定刻通りに作業が開始できるように営業所を出発し、時間前に到着するようにしています。

依頼者は朝から引っ越しが始まり夜暗くなる前に終われば、その後は片付けもはかどり、一日を有効に使うことができます。

午前便を利用するメリット

閑静な住宅街では、夜遅い時間の作業になってしまうと、作業の物音や階段の昇り降りの足音などが近所迷惑になってしまいます。これから新しく住むことになる場所で近所の目を気にしながら引っ越しするのも気が引けるという思いから、できるだけ早い時間に済ませたい人が多いようです。

午前便はあらかじめ開始時間が決まっていて計画通りに進むため、以降の予定も立てやすいのもメリットです。引っ越し業者の到着を今か今かと待つムダな時間はありません。

午前便のデメリットはあるの?

午前便は、多くの人が希望するため需要が多く、料金はほかの時間帯の便と比べるとどうしても高くなってしまいます。少しでも安くしたいと思うなら、引っ越しの一括見積もりサイトなどを利用し、どの程度安くなるか比較してみると良いでしょう。

転勤による引っ越しでは、ギリギリまで挨拶回りや引き継ぎ、送別会などで忙しく、満足に荷物の整理ができないこともあるようです。引っ越し当日も、業者が到着しても荷物がダンボールに収まっていないことがあり、待ちくたびれた業者の作業員が総出で荷造りを始めることもあるようです。当然、その作業分の割増料金が請求されてしまいます。

徹夜でやろうと思っていたのに、疲れが溜まっていてうっかり寝てしまったということもあるでしょう。しかし、午前便ならあとに控えている人がいるため、依頼側も時間厳守ということに細心の注意を払わなければなりません。

以上のように、引っ越し料金が高くなる、つまり値引き幅が少ない、時間通りが裏目に出る人もいる、という点がデメリットになります。

午後とはいっても正確な時間が読めない午後便

時刻で言えば12時を回ると午後になりますが、引っ越し便の場合は少し意味合いが異なってきます。午後便を、2便、夕方便と呼んでいる業者もあります。その日の午前便の進行次第で、夕方頃に作業開始がずれ込んでしまうこともあり、トラブル防止のために、あらかじめ夕方便としているわけですね。

そのような混乱を避けるため、午前便以降を全てフリー便にしているところもあるようです。フリー便については、後述します。

午後便とは

午後便は、引っ越し業者が一軒目の引っ越しを終えたあとに始まりますが、作業開始時間は一軒目の引っ越しの所要時間によるため、自分の希望通りにはならない不確かなプランです。

午前便の引っ越しで何かのトラブルやアクシデントがあり作業時間が長引いたら、それに応じて開始時間は遅れてしまいます。午後便だから、12時から遅くても1時ごろには開始するだろうと心づもりをしていても、2時や3時にずれ込むこともあるかもしれません。

午後便を利用するメリット

午前便よりも需要が少ないため、午後便は引っ越し料金が安くなります。開始時間は何時になろうが構わないという人や、多少遅い時間になっても引っ越し作業中の物音が近隣の迷惑にならないという人は、安く引っ越しできるのがメリットです。

また、ギリギリまで忙しかったが、引っ越し当日の午前中を目いっぱい使って猛スピードで片付けられたという人もいます。ただし、うまく行けば良いですが、あまりにイチかバチかなため、そこまで忙しい人は、梱包プランをうまく併用すると良いでしょう。

一括見積もりサイトで希望のオプションサービスを選んでどの程度の料金になるか試算してみれば、安く引っ越しできる業者が見つかるのではないでしょうか。

午後便はこんなことがデメリットになりやすい

計画通りに物事を進めたい人は、引っ越しの開始時間が直前まで読めないということがデメリットになるでしょう。荷物が全て片付いたあとでは、荷物だらけの部屋で何をするでもなく時間潰しをして待つのが苦痛に感じるかもしれません。

また、一軒目の引っ越しがどの程度で終わるかに全てがかかっていると言えます。たとえば、一軒目の依頼主が最後まで荷造りができていなかった、当初の予定より荷物を増やしたなど、何らかの原因で予定していた時間よりも作業が長引いた場合は、業者を責めるわけにもいきません。

業者の都合に合わせるため安くなるフリー便

午前便の次の便をフリー便とする業者もあるようです。フリー便を依頼するときは、分からないことをあいまいにせず、納得のいくまで説明してもらうようにしましょう。

フリー便とは

あらかじめ開始時間を決めず、引っ越し業者のその日の都合に任せるために、安くやってもらえるプランがフリー便です。時間おまかせ便と呼んでいるところもあります。

朝一番から作業開始になることもありますが、通常は、その日の2番目や3番目の引っ越しとなることが多いです。場合によっては、終了時間が深夜に及ぶこともあるため、近距離の荷物の少ない引っ越しに限定されることがほとんどです。利用の際には十分に気をつけましょう。

フリー便を利用するメリット

時間が自由になり最安値で引っ越しをしたいなら、フリー便はかなりお得なプランです。一時期は引っ越し繁忙期では深夜に作業が及ぶことがある、などという話もありましたが、今どきはそんな無茶な仕事は滅多なことではありません。

ネット時代の昨今では、悪い評判が瞬く間に広まってしまいます。信用を第一にしたい引っ越し業者は、朝から肉体労働をする社員をそんな時間まで働かせていては、即ブラック企業扱いされてしまいます。また、近隣の住民がSNSなどで社名を名指しで批判することも考えられます。

というわけで、それほど無茶な時間にはならないことを考えれば少し時間をずらすだけで格安になるフリー便はメリットになります。また、夜間だけではなく朝イチから始まることもあるため、正規の午前便と比べると半額程度に安くなるところもあり、格安の料金で引っ越しできるのはラッキーですね。

利用する際はデメリットを十分理解しよう

フリー便は近距離の荷物の少ない人の引っ越し専用のプランとしていることが多いはずです。何ごともなければ短時間ですむ午前便と午後便のあとの3便目に予定するか、時間の掛かりそうな午前便のあとに予定しているでしょう。

作業所要時間のかかりそうな引っ越しは、完了が深夜に及ぶ危険性があるため引き受けられないこともあります。しかし、確かに作業開始時間が不確かなので夜遅い時間の完了になってしまうこともないとは言い切れません。利用する際は、リスクがあることを納得した上で申し込みましょう。

フリー便の定義も、各社でかなり違うことがあります。一社のみの説明を受けても、他の業者が全て同じというわけにはいかないようです。それにより料金設定も異なることが考えられるので、とにかく最安値を目指したいと思えば、一括見積もりサイトが手っ取り早いでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを知り、自分に適したプランを選びましょう。引っ越し元や引っ越し先の環境次第では、自ずと選ぶプランが決まってしまうかもしれません。そのプランの中でさらに安値をねらうなら一括見積もりを利用してみるのも一つの手です。

言わば入札のような制度であり、契約を取りたいために儲け度外視でかなりの安値を提示してくる業者もありますよ。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

ページトップ