ピアノの引っ越し料金相場と注意点

ピアノの引っ越し料金相場と注意点

引っ越し料金は通常ならトラックで家財をまとめて運ぶ運賃で決まりますが、その中にピアノがあれば、別扱いで有料オプションサービスとして依頼しなければなりません。

アップライトピアノの移動は同じ市内で2~3万円程度の運賃がかかります。重量が200kg以上ある繊細な楽器なので慎重に運ばなければいけないため、それなりの料金がかかるのは仕方がありません。

とは言え、できることなら安く運べるに越したことはありませんよね。どんな点に注意すべきか、ポイントを見てみましょう。

ピアノ運送料金はこうして決まる!

ピアノの運送料金はアップライトピアノか、グランドピアノかで変わってきます。一般的な家庭用の縦型のアップライトピアノでは、コンサートホールやピアノ教室で使われるようなグランドピアノよりは基本の運送料金は安くなります。

ただし、グランドピアノは下の3本の脚を取り外して縦に移動することができるので、アップライトピアノよりは細い幅の通路を通ることができます。そのためアップライトピアノでは通過が無理な場所でも、グランドピアノなら人力で運べることもあります。

アップライトピアノが通れない場所は窓からのクレーン作業で吊り上げて搬入をすることになり、特殊作業料金が基本の輸送料金に加算されますので、特殊な例ですが、アップライトピアノの方が料金が高くなることもあります。

また、引っ越しの場合と同様に移動の距離や、階段作業、エレベーターの有無、重量による必要な作業員の人数などによっても料金は変わってきます。一般的に搬出入から設置までの所要時間が長く、難しい技術が必要なものほど料金は高くなります。

引っ越し業者か専門業者か選ぶならどっち?

引っ越し業者にもよりますが、作業スタッフが家財と一緒にピアノをトラックに載せて移動でき、新居にも人力で運び込むことができるなら、それが一番安く輸送できるでしょう。

引っ越し業者が提携先のピアノ運送業者に委託するなら、別のトラックやクレーン付きの車輛で運ぶことになり、若干高くなることが予想されます。立地が悪く新居に設置するまでの搬入が心配なら、実際に下見をしてもらった上で数社から見積もりをとることをおすすめします。

引っ越し業者に頼むメリット・デメリット

引っ越し業者に頼むメリットは、家財と一緒にピアノ運んでもらえることです。そうすることにより、ピアノを一番最後に搬出し、家財と一緒のトラックに乗せ、新居に着いたときには家の中が空っぽで何も障害物がない広々とした状態で一番先にピアノを搬入できる、というメリットがあります。

また訪問見積もりの営業マンが搬出場所の状態とピアノの大きさの確認ができているので、搬入搬出方法の判断がつきやすいです。

ピアノの大きさを見て、廊下を通って玄関を出て、マンションならばエレベーターに乗るかどうか、階段作業なら、踊り場で傷を付けずにスムーズに回転できるかどうかがわかるので、ピアノ輸送料金の見積額が出しやすいでしょう。

デメリットは、新居に運ぶのに作業の難易度が高い場合、外部への委託業者に別便で運搬を頼むことになる際に、若干の中間マージンが発生し料金が高くなることが予想されます。

ピアノ運送業者に頼むメリット・デメリット

グランドピアノやアップライトピアノでも一部のみ分解をして、搬出入ができそうなら、その場で解体をすることがあります。引っ越し業者はピアノ本体の分解などは行わないので、そういうときにはピアノ専門の運送業者の方が頼りになります。

運ぶのが難しいと思われるようなときは、引っ越し業者だけでなく、ピアノ運送業者に見積もりを出してもらうとよいでしょう。ただし、普通に人力で運べるようなら、引っ越し業者に頼んだ方が費用が安く済む場合が多いです。

ピアノ運送業者に頼む場合のデメリットとしては、引っ越しと同じ日の輸送にはならないことがあることです。

長距離の引っ越しでは、同じ方面へのピアノ輸送が何台かまとまってからになるので、すぐにピアノを運んでもらえない時もあります。業者の都合を優先することになるので、何日か余裕を見て申し込まなければなりません。

しかも、引っ越しトラックが家財を全て室内に搬入し終わった後でピアノの搬入が行われることになると、家具の位置関係により玄関からの搬入がスムーズにできない場合には、置いた家具を移動したり、それでも無理な時は窓からのクレーン作業で搬入することもあり得ます。

そうなると特殊料金が追加でかかってしまうことになり、割高になってしまうでしょう。

事情により処分を考えているなら

住宅事情や騒音の問題もあり、最近では生ピアノの練習をするにも周囲の環境に配慮しないといけません。

そのため各ピアノメーカーや電子楽器メーカーでは、どれだけ生ピアノに近い音を再現できるかに重点を置いた電子ピアノの開発にも力を入れています。

転居先で今使っている生ピアノが問題なく使える環境にあるかということをあらかじめ考慮しておく必要があります。なぜなら、せっかくの高い輸送料金を払って搬入しても、思う存分音を出して練習できないこともあるからです。

また、お子さんのピアノ教室が近所にあれば良いのですが、遠方まで通わなければならない時などは、お子さん自身もなかなか練習に身が入らず、そのうちやめてしまうこともあります。

中学校に入学して部活動が忙しくなってからピアノをやめてしまうお子さんもとても多いです。別にピアノが嫌いになったわけではないのですが、学校の勉強や部活動で忙しく、夜間にピアノの音を出して練習することもできず、次のピアノ教室の日までに宿題に出されたところを練習する時間がなくなる、という理由からです。

そこで練習しないまま通うのが気まずくなり、どんどんと足が遠のいてしまいます。親としてはわざわざ引っ越し先に高い運送料を払ってピアノを運んでいるのですからピアノを続けてほしい気持ちもありますが、なかなか子供のモチベーションが上がらなければしょうがありません。

そういう年代を控えているお子さんなら、生ピアノではなく電子ピアノに買い換えるのも1つの方法です。これなら、夜間の練習にでもヘッドフォンを使えば、近所に音が響かずに自分の好きな時に練習できます。そのようにして長くピアノ続けるお子さんは結構います。

電子ピアノにはピアノの音の他に、管楽器や弦楽器、ドラムなどの音が出るものがあったり、録音機能が付いていて自分の演奏を客観的に聞くことができたり、リズムに合わせて弾ける機能もあります。

多彩な機能は、それまで生ピアノだけで練習していたお子さんにとっては、ちょっと世界が変わって新鮮な気持ちでまた練習に向かえるのではないでしょうか。

一度自宅のピアノがいくらぐらいで買い取ってもらえるのか査定額を出してもらって、それにより新しく電子ピアノを購入するか検討してみてもいいでしょう。

ネット上には、ピアノをどのぐらいの値段で買い取ってくれるかの査定額を出してくれるサイトがあります。

業者によりピアノの査定額というのは数万円単位で異なってきます。自分のピアノがどの程度の金額になるのか、ちょっと興味がわきませんか?

まとめ

ピアノに関するトータルな相談ができるのがピアノ運送専門業者の強みではありますが、他の家財と一緒にトラックに載せて作業スタッフの手で運べるようなら、引っ越し業者に頼むのが断然お得です。

最近お子さんが一生懸命ピアノの練習をしなくなってきた、いつまでたっても上達しない、という時には、一度お子さんの気持ちを聞いてあげてはどうでしょう。転居先に高い輸送料で運んだのだからと強制して習いに行かせては、ますますピアノを苦痛に感じてしまうかもしれません。

一度ピアノを手放しても、大人になって時間ができた時に、また始めたいと思う人が多いものです。その時に自分で好きなピアノを選べば、興味を持ってまた再開できるのではありませんか?

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ