引っ越しは土日を避けて平日に行うと料金が安い

引っ越しは土日を避けて平日に行うと料金が安い

引っ越しには定価というものがありません。そのため、各引っ越し業者による下見と見積もりが欠かせません。さらに同じ引っ越し業者でも、曜日や時間帯によって引っ越し料金が変わってきます。そのカラクリを知れば安く引っ越すことも夢ではありません。引っ越し日程に融通が利くなら、ぜひ土日を避けて平日の引っ越しをおすすめします。

土曜日と日曜日の引っ越し料金が高くなる理由は

厳密に言えば、引っ越し業者は土曜日と日曜日と他の平日の引っ越し料金を分けて料金設定をしているわけではありません。それでは冒頭で土日を避けようと説明したことと矛盾しますね。どういうことなのか見ていきましょう。

引っ越しの需要がある日はどうしても高くなる

会社員や家族の引っ越しは、どうしても勤務先や通学先が休みの土日にかけて行われることが多くなります。そのため引っ越しが混み合うので、予定している土日に引き受けてくれる引っ越し業者を探すことになるでしょう。

つまり、引っ越し料金が高いか安いかではなく、第一優先事項が土日の引っ越しになるわけです。引っ越し業者としては需要がたくさんある状態で、しかも料金が二の次なら、特に大幅な値引きをしなくても契約が取りやすくなります。

結果、需要の多い土日の引っ越し料金はほかの平日と比較して値下げ率が少ないため、引っ越し料金が高くなるわけです。

土曜日と日曜日のほかに祝日も高くなるの?

祝日も基本的に勤務先も通学先も休みになるため、引っ越し料金は高くなるのでしょうか。土曜日と日曜日は連休だということが影響します。前日の土曜日に引っ越しをあらかた終え、翌日の日曜日に片付けを進めて、月曜日から新生活をスタートさせたいという思いがあるため、土曜日は日曜日よりも混み合います。

そのような流れから、平日の中日に祝日が1日だけぽつんとあるような場合は、連休となる土日よりは需要も少なくなるようです。ただし祝日といえど、金土日や土日月と3連休になるようなときは一層込み合うため、料金も高くなることが予想されます。

連休最終日の午後なら安くなることも

ただし、上で説明した3連休の最終日や日曜日の午後なら、引っ越しを終えた空きのトラックが多くなります。そのため、短時間で終わる引っ越しなら日曜日の午後からが比較的安くなるでしょう。また月曜日は有休を取るなどして引っ越し日に充てることができる人は、2日がかりになる中長距離の引っ越しを比較的安くすませることもできそうです。

引っ越し料金を少しでも安くしたいなら平日がおすすめ!

理容業は月曜日、美容業は火曜日、不動産業は水曜日、医療業は木曜日がお休みになることが多いです。しかし、世間的にはまだまだ土日が休日の人が多数派です。しかも、幼稚園や学校は平日に行くものと決まっています。

ですから、土日の休日をねらって引っ越しをする人が多くなり、そのぶん引っ越し業者は平日にトラックや作業員が稼働できないのでは利益にならないことから、少しでも利益の出るように積極的に契約を取りたいと努力します。

そのため、土日よりは平日の方が値引きできる幅が大きくなります。決して土日の料金と平日の料金を分けて設定しているわけではなく、需要と供給のバランスにより料金が左右されるということが真相のようです。

平日ならいつでも引っ越し料金は同じ?

では、平日ならどの曜日も一律同じかというと、実はそうではありません。これももちろん月曜日はいくら、火曜日はいくらと決めているわけではなく需要と供給のバランスに関係があります。

連休の最終日は若干安くなる傾向にあると説明しましたが、2日がかりで行う場合は、日曜日と翌日の月曜日を有休を使って引っ越すケースもやや多くなります。また、週初めの月曜日よりも金曜日の方が有休が取りやすいため、金曜日を引っ越し初日に充てることもあります。

そうなると、金土日と三連休になり、比較的ゆったりと余裕を持った引っ越しができます。そのため月曜日よりも金曜日の方が平日の中でも若干ですが高くなるという業者もあります。

曜日や時間帯、月初や月末でも異なる

料金の値下げ幅が変わるのは土日と平日だけに限ったことではありません。一日の中でも引っ越し作業の開始時間によって料金に差がつくことが多いです。たとえば、午前便と午後便など、一日のうちに同じトラックで数件の引っ越しを請け負うことがあります。その場合は、朝一番の決まった時間に作業が始まる午前便に人気が集中します。

それに対して午後便は、一軒目の引っ越しが終わった後に始まるため、午前便の引っ越しの規模や、所要時間、道中の渋滞などにより、はっきりした開始時間が直前まで読めません。
そのためあらかじめ時間の確約が難しく、あまり需要がないことから、その分値下げを大きくして契約を取ろうとするため引っ越し料金は安くなります。

また、月間の中では、月初よりも月末の方が引っ越しの件数が多くなります。それは、一般的に多い25日の給料日より後にする人が多いということと、賃貸契約の起算日が1日からスタートになっていることに起因します。月末ギリギリまで住むことにより、旧居と新居の二重家賃を支払う期間をなるべく少なくしたいためです。

また新生活を始めるにしても1日からスタートさせたい人が多いため、キリの良い1日から転勤したり就職したりということも関係がありそうです。

安いということは作業の質は期待できないの?

引っ越し繁忙期によく聞かれることですが、3月4月の引っ越しには引っ越し業者の正社員だけではなく、アルバイトが増えるため作業の質が落ちるという声があります。

すべての引っ越し業者がそうであるとは限りませんし、必ずしもアルバイトだから作業品質が劣るということは当てはまりません。何度も引っ越し業のバイトをくり返す肉体派のアルバイターや、きちんとした研修を行った上で現場に出す業者も存在します。

しかし、平日で需要が少ない日なら社内の人員で十分作業人数が確保でき、わざわざアルバイトを雇うことはしません。1つのチームにベテランや中堅社員が集まることもあり、作業品質は総じて高いようです。

平日に引っ越しを行うメリットは

平日に引っ越しを行うメリットは、料金が安くなるということだけではありません。住宅地の引っ越しなら平日は在宅率が低くなり、隣近所に気兼ねをせずにすむということも挙げられます。

せっかくの休日なのだからと朝寝坊して家でゆっくりしたいと思っている人にとっては、朝からの引っ越し作業の騒音が耳障りになってしまうこともあります。また、ガスの開栓作業の立ち会いなども、休日にわざわざ自宅に来てもらう必要もなく、通常業務内の平日でも予約ができます。

引っ越し作業中に確認したいことが出てきて不動産会社と連絡を取りたいときでも、来店客で混み合わない平日のほうが連絡が取りやすくなるでしょう。行政や学校の各種手続きや問い合わせなども、平日のほうが都合が良い場合が多いものです。

引っ越し料金をさらに安くするためにできることは?

平日は一般的に土日よりも引っ越し料金が安くなると説明しましたが、実は、それよりもさらに安値をねらう方法があります。

安くなる日をねらうために早めに申し込む

曜日や日にちにこだわりがなく、なるべく安い日に引っ越しをしたいと思うなら、早めの予約がおすすめです。引っ越し業者によっては、世の中の動向と経験を元に引っ越し繁閑カレンダーというものを設け、混み合う日と空いている日などを何段階に分けて設定していることが多いです。

その中でも特に需要が少なくなるであろう日をあらかじめ想定しています。うまくその日に予約を入れられればかなりの安値で引っ越しを行うことができるでしょう。
そのためには、ほかの人より先に予約を入れられるよう早めの行動が肝心です。

一括見積もりサービスを利用して最安値の業者を探す

土日でも平日でも、さらに引っ越し料金を下げたいと思うなら、インターネットの引っ越し一括見積もりサービスの利用も検討しましょう。これは、全国のさまざまな規模の引っ越し業者が登録している、一括して無料で引っ越しの見積もり申込みができるサービスです。

引っ越し元と引っ越し先のおおまかな住所、家財の量などを入力することにより、同じ条件でその地域で引っ越し可能な複数の業者からの見積もり額を比較できます。

周辺にどんな引っ越し業者があるのかわからない、一社ずつ尋ねるのが煩わしい、同じことを何度も伝えるのが面倒、引っ越しを急ぎたい、などのときに最適です。また、他業者との競合のために、最初から最安値と思える見積もり額を提示してくるため、他社と交渉の駆け引きをする手間もありません。

ただし、見積もりを申し込むと数分かからずに折り返し連絡が来ることがあるため、夜間の電話に応じたくなければ日中の利用をおすすめします。

平日の引っ越しなら、大胆な値引きをしてでも積極的に契約を取りたい業者の事情があります。一括見積もりサイトなどを利用すると、最安値と思っていた金額よりも安くなるケースもあるでしょう。あくまでも安さ重視なら、対応の良い業者を数社ピックアップして訪問見積もりを依頼するとよいでしょう。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

ページトップ