引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について

引っ越し前後の忙しい時期、「とてもじゃないけど荷造り荷解きができない」という事情を抱えた人もいるのではないでしょうか?そんなときに便利なのが引っ越し業者の梱包サービスです。梱包サービスについて、料金相場も含めて紹介します。

梱包サービスってどんなもの?

梱包サービスはその名の通り引っ越しの荷物を引っ越し業者が荷造りから荷解きまでやってくれるサービスです。大抵の引っ越し業者ではオプションとして提供されているものなので、見積もりや申し込みのときに申し出なければ自分で作業をすることになります。

梱包サービスには上述の荷造りから荷解きまでのすべての行程をやってくれるものの他に、荷造りか荷解きかのどちらかのみをやってくれるものもありますので、状況によって使い分けましょう。

オプションなしだとここからここまで!

まずは梱包サービスを使った引っ越しと基本のプランでの引っ越しとの違いについてみておきましょう。基本のプランでの引っ越しは、まとめた荷物を部屋から運び出してトラックに詰め、新居に運び入れるまでの作業のことを指します。

荷物の移動のときに必要な養生は基本のプランでやってもらえますが、エアコンやウォシュレットなどの着脱はまた別のオプションになります。対して、梱包サービスは上述の作業に荷造りや荷解きの作業を追加したものです。

自分でやっておきたいこんなこと

梱包サービスを利用するときでも、自分でやっておくべき作業がいくつかあります。主たるものとしては、冷蔵庫や洗濯機の水抜きです。特に冷蔵庫は前日からコンセントを抜いておく必要があるため、忘れずに作業しておきましょう。

また、冬場の引っ越しで石油ストーブを持って行く場合、中身を空にした上で空焚きしておかなければなりません。作業をし忘れていると、持って行ってもらえずに困ってしまうことになります。

それ以外にもお風呂やトイレの小物類など、衛生用品の梱包は自分でしてくださいと言われる場合があります。梱包サービスを利用するときはほとんど任せっきりにしてしまっても構いませんが、触られて困るものは、あらかじめ軽く荷造りしておくようにしましょう。

貴重品を手荷物としてよけておくことはもちろんですが、下着や生理用品など、見られて恥ずかしいものは風呂敷でまとめておく等の対策が必要です。本人が気にしないのであればこの限りではありませんが、気になる人は、当日後悔しないように少しだけ作業をしましょう。

こんな人におすすめ!梱包サービスが活躍してくれるシーンとは

梱包サービスは基本のプランに追加して頼むオプションサービスなので、当然その分の料金がかかりますが、追加料金を払ってでも頼んだ方が良い場合もあります。例えば以下のような場合です。

小さな子どもがいる世帯

乳幼児がいる世帯の場合、子どもの面倒を見ながら荷物の整理をするのは至難の業です。ダンボールに入れたそばから散らかされたり、オムツやミルクで泣かれて何度も作業を中断させられたりしてとてもではないですが荷物をまとめることができません。

作業をしている間にどこかに預けるという手もありますが、近場に実家や友人宅がない場合、お金のかかる一時保育に預ける必要が出てきます。結局お金をかけるのであれば、梱包サービスの利用を検討する価値があります。

仕事が忙しすぎる!時間がとれない単身世帯

引っ越しの時期と仕事の忙しい時期がやむなく被ってしまうなどの理由で、荷物をまとめたり片付けたりする時間がとれない場合も、梱包サービスの利用がおすすめです。睡眠時間を削ってまで作業をするくらいなら、いっそのこと業者に任せてしまいましょう。

だいたいどれくらい?梱包サービスの料金相場

では、実際に梱包サービスを頼んだ場合、どれくらいの料金になるのでしょうか?梱包サービスの料金は、作業員の数で決まります。一人当たりの作業料の目安は、だいたい15,000円で、荷造り、荷解き両方に作業員2人ずつを付けてもらった場合、およそ60,000円が追加料金としてかかります。

かなり高く感じますが、他のオプションも併せて頼むなど、交渉を重ねればもう少し安くすませることができることもあります。逆に繁忙期に利用するときはもっと高くなる可能性があるので、とにかく一度見積もりを取ってみましょう。

大手各社の梱包サービスの名称と特色

一口に梱包サービスと言っても、その名称やサービス内容は利用する引っ越し業者によって様々です。どの引っ越し業者を利用するか決めるとき、料金比較も大事ですが、サービス内容の気に入るものを探すのも重要です。数ある引っ越し業者の中から、大手数社に絞って紹介します。

ヤマトホームコンビニエンス

らくらく全部荷造り、らくらく一部荷造り、らくらく全部荷解き、らくらく一部荷解きの4つのサービスがあります。「部屋全体ではなく、一部分だけ頼みたい!」と言った細かい要望にも応えられる仕様になっているため、部分的に梱包サービスを利用したい人におすすめです。

ただし、荷解きサービスは荷造りサービスを申し込んでいないと利用できないので注意しましょう。また、単身引越サービスを利用して引っ越しをする場合は荷造り系のオプションを付けることはできません。

単身引越サービスでも荷造りして欲しいなら、6,000円+梱包資材料金を払って、専用の荷造りサービスを頼むことになります。

参照:ヤマトホームコンビニエンス

アート引越しセンター

アート引越しセンターでは、おまかせパックやレディースパックなどの引っ越しプランが基本のコース、ハーフコース、フルコースの3つに分けられています。

そのうちのハーフコース、フルコースの2つが梱包サービス付きのものになります。ハーフコースは荷造りのみ、フルコースは荷造りと荷解きの両方を行ってくれるサービスです。

参照:アート引越しセンター

サカイ引越しセンター

梱包サービスが使えるのは、

  • らくらくコースプレミアム
  • らくらくAコース
  • らくらくBコース
  • らくらくCコース

の4つです。らくらくコースプレミアム、らくらくAコースはすべての荷物や小物の荷造り、荷解きをやってもらえます。らくらくBコースだと荷造りはすべてやってもらえますが、荷解きは食器のみです。また、らくらくCコースだと荷造り、荷解き共に食器のみです。

参照:サカイ引越しセンター

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社では、アリさんパックとアリさんフルパックが梱包サービス付きのプランです。前者は荷造りのみ、後者は荷造りと荷解きの両方をやってもらうことができます。

参照:アリさんマークの引越社

日通

家族の引っ越しプランのうち、ハーフプランとフルプランが梱包サービス付きの引っ越しプランです。単身パック系の荷物は自分で梱包しなければなりません。ハーフプランは荷造りのみで、荷解きは自分でやる必要があります。また、フルプランはどちらも業者にやってもらえます。

参照:日通

まとめ

引っ越し業者の梱包サービスオプションは、値段こそ高いものの、手間や時間を節約できる点で大きく活躍してくれます。子連れの人や仕事が忙しい人の他に、妊婦さんにもおすすめです。財布事情が許すなら利用を検討してみましょう。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ