クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ

クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ

引っ越しでクレーン車が必要な場合の費用と安くするコツを解説しています。業者によって異なりますが、1点15,000~30,000円が相場になります。

クレーン作業が必要なケースは、玄関が狭い場合や階段の幅が狭かったり、曲がっているため、搬出や搬入ができないケースです。ただし、電線が混み合っている場所や、細い道、地盤が悪い場所などクレーン作業自体ができない場所もあるので注意してください。

クレーン作業が必要と思われる人は、業者に訪問見積もりをしてもらい、料金の目安を計算してもらうとよいでしょう。

クレーン作業が必要なのはどんな時?

引っ越しでタンスや冷蔵庫などの大型家具を階段で運ぶ様子を見たことがありますか?常に上下の8つの角を気にしながら、ぶつけないように擦らないように慎重に角度を変えながら運ぶのはとても大変そうです。

苦労して玄関口まで運んでも、室内の廊下の幅や曲がり角をうまくかわせずに、結局は目的の部屋の中に入れることができないことだってあります。

他の部屋に置いて使える物ならいいのですが、それが冷蔵庫だったとしたら、絶対にキッチンに運び入れたいですよね。最近の冷蔵庫は容量が大きくても、エコ仕様で電気代も安く済むため、大きめの物を選ぶ家庭が多いようです。

ただそうなった時に、古い造りの建物では階段幅や踊り場が狭かったり、室内も廊下が狭かったり柱が出っ張っていたりと、搬入が困難で引っ越し業者泣かせのケースがままあります。

その他、ピアノや婚礼家具などの重くて大きなタンス、床置き型の金庫やマッサージチェア、3人掛けの大きなソファやL字型のソファなどを所有している人で、階段作業が必要な家に引越す人は要注意です。

そんな時は、道路に面した部屋のベランダの窓を外し、ロープをかけた荷物をクレーンで吊り上げて、そこから入れることになります。つまり、クレーンを使う必要があるのは、搬入経路を荷物が通らない時、重過ぎて人の手では運べない時ということになります。

クレーン作業にするかを決める前の注意点

クレーンと一口に言っても、色々な大きさの物があります。2階や3階なら、トラックにクレーンが付いているユニック車というもので何とかなりますが、それ以上の高層階では、工事現場でよく見かける重機のクレーン車が必要になります。

高層マンションが立ち並ぶような地域の引っ越し業者なら、クレーン車を自社で所有しているところもあるかもしれませんが、そうではない場合、クレーン車をレンタルして資格保持者を派遣してもらわないと作業ができません。

小型のクレーンなら2~3万円を目安にし、大型クレーンなら10万円ぐらいになることもあります。
このように、クレーン作業を要する際の費用は一気に膨れ上がります。

クレーン作業ができないこともある

以下のような場合はクレーン作業ができないことがあります。

  • 電線の混み合う地域
  • クレーン車が侵入できない細い道
  • 他の家をまたいで搬入しなければならない場所
  • 地盤が悪くクレーンを固定できないような場所
  • 搬入口となる窓の周辺に作業の邪魔になる障害物があるような場所

もちろん、前述した追加費用が捻出できずにクレーン作業を断念ということもあるでしょう。他にも、隣家と接近していたり、ベランダが狭かったり、何か懸念材料があるなら、クレーン作業の資格保持者に実際に下見をしてもらったほうが確実です。

クレーン車を使用せずに運んでもらう場合

ユニックやクレーン作業が無理となると、人力によるベランダからの手吊りという作業があります。運びたいものをしっかりと梱包し、手すりや壁を養生し、専用のロープを使って数人で引っ張り上げます。

これはベテランの技術を持った作業スタッフでないと難しく、ベランダの手すりの強度や耐久性、ベランダを乗り越えた後の引き込みが無理なくできるか、階下に障害物がないかなどの判断力が必要とされます。無理すると、荷物と建物に傷をつけてしまうことになりかねません。

技術者が現地で建物の環境と荷物の重量を調べないと分からないこともあり、最初から手吊り作業込みで見積額を出す業者もありますが、有料オプションでは大体1点で15,000円~30,000円が多いようです。

ただし、最近の冷蔵庫は容量が大きく重い物も増えているので、500リットル以上の物を割り増し料金にするなどして対応することもあります。

また、高層階へ荷物をまとめて一気に運び上げたい時にリフト車と呼ばれる高所作業車を使うこともありますが、重量物だとベランダからの引き込みが難しく、結局は作業ができない場合があります。

階数が増すと料金も高くなる

トラックに小型のクレーンを搭載しているユニック車は、せいぜい2~3階までが限度です。5階、10階、20階とそれ以上の高さになると、クレーンが届くだけのブームの長さが必要になり、その分車両サイズも大きなものになります。

そうなると、引っ越し業者が、クレーン作業を請け負う業者に委託することになり、クレーン車レンタル、有資格者の派遣、誘導員、交通監視員などの人件費もかかることになり、相当の出費を覚悟しなければなりません。

料金の設定の仕方にも注意!

人力での手吊り作業は1点ごとの料金設定が大半です。2点以上になると、1点当たりの料金から割引きになることもあります。

クレーンを依頼する時は、業者を出発してからの時間制料金を採用しているところも多く、遠くから来てもらう時や渋滞などで時間がかかれば、その分の料金は上乗せされることになります。そのため、クレーン業者の所在地まで考慮しなければならないので注意が必要です。

また、クレーン作業料を自分で直接払うのか、まとめて引っ越し業者に払うかによっても、料金が異なるでしょう。あまりに高いと感じる場合は、一括ではなく、明細を教えてもらうとよいでしょう。

購入金額より作業料が高くなることもある

一戸建ての道路に面した掃出し窓を外して、その部屋に設置するのが一番料金がかからずに済む方法です。築年数の新しいタワーマンションなら、荷物専用の広いエレベーターもあります。

そうでないマンションは、定員が6人乗り、9人乗り、13人乗りと小さいエレベーターも依然として多く、少しの差で運びたいものが載せられない場合も少なくありません。

新居は間取り、眺望、ロケーション、家賃などを熟慮して決めた訳ですから、多くの場合は一時的な引っ越し料金は必要経費と考えることでしょう。

大型荷物の運び入れにいくらまでお金をかけられるかは、その物の購入時の価格や思い入れの強さにより異なると思いますが、特殊作業の追加料金もやむ無しと思うかもしれません。ですが、ちょっと待ってください。

たとえば、ある大型家具を搬入するだけで5万円かかるとなると、もし、再び引っ越しをすることがあるとしたら、その際の搬出時にも同程度かかることになります。場合によっては、今の住居から搬出する際にも、少なからず特殊作業の追加料金が発生するかもしれません。

長い目で見ると、その物がなければいくら浮くでしょうか。思い切ってそれを手放して、浮いた予算で一回り小さい物や分割可能な物が買えませんか?

また、その家具を使い続けることにより、その家具自体の価値も下がっていきます。状態のいいうちにリサイクルに出せば買い取り金額も比較的高価で取り引きしてくれるかもしれませんし、引っ越しトラックも小さくなるのであれば、節約にもなります。

ちょっと検討してみる余地はありそうですよ。ちなみに、ダブルベッドや、背もたれの高い3人掛けのソファやL字のソファが載りきれずに処分の対象になることが多々あります。そういう物は、家具の取り扱いが多いリサイクルショップに出張買取を依頼するのがおすすめです。

そこまで検討すれば、より安い業者を探してでも搬入するか、搬入を諦めるかの目安にはなるでしょう。

クレーン作業料も含めた見積額を確認しよう

転勤族で引っ越し料金は会社負担だからとクレーン作業のオプションを上乗せした引っ越し料金の見積書を提出すると、出せる上限金額はここまでだから、追加分は自己負担するようにと言われてしまった。

こんなことなら、事前に処分しておけばよかった、などということも実際あります。そうなる前に、クレーン作業料も含めた引っ越し見積額が高額になるなら、買い替えや手放す勇気も必要です。

クレーン作業も業者によりかなりの金額や条件にバラつきがあります。多数の業者データを見比べるなら、引っ越しの一括見積サイトが便利です。

特殊作業の可能な業者に絞って探すこともできます。「大きな思い出のある大きな荷物」持ち出すか、処分するかに迷ったら、徹底的に調べてみましょう。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント
【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ