女性の一人暮らしで引っ越しを女性スタッフにお願いしたい場合

女性の一人暮らしなので危険な目に遭わないようにずっと警戒していたせいか、見ず知らずの男性に部屋に入られることに抵抗感がある。それは引っ越しの見積もりの営業の男性でも、引っ越しの作業員でも同じこと。そのせいで引っ越したいのにどうすることもできない!と、ずっと人知れず悩んでいた女性に朗報です。

そんなあなたの味方になってくれる引っ越し業者を探してみましょう。

見積もりを女性スタッフにお願いできる?

引っ越しをすることになり、荷物の量を把握するために訪問の見積もりが必要だと言われても、気軽に「お願いします」とは言えないのが女性の一人暮らしの場合ですよね。

たとえば、引っ越しの理由がストーカーに狙われているとかDVなどの場合には、男性そのものに恐怖を感じることもあります。そんな時には、見積もりに女性が来てくれる引っ越し業者を探すようにしましょう。

もし女性スタッフでの見積もりに対応していない場合でもあきらめないで!引っ越し業者の男性の営業マンと一緒に女性社員について来てもらえるかもしれません。

そもそも男性恐怖症じゃなくても、まだ箱詰めが終わっていない女性の一人暮らしの部屋は、いろいろな物があふれていたり、自分の趣味が丸見えになってしまうことで恥ずかしいと思う人もいます。

衣類や雑貨類は全部箱詰めが終わって、後は家具だけというガランとした部屋ならまだしも、気ままな一人暮らしの生活感がある部屋には、知らない男の人に入って欲しくないと思う女性は多いのではないでしょうか。

そういう気持ちを率直に伝えてみれば、引っ越し業者で対応してくれるところもあるでしょう。昨今では女性を狙った犯罪も増え、一人暮らしだとよけいにそういうことが気になる女性もいるので、ある程度の規模の業者であれば、女性スタッフだけの引っ越しが可能なように対策しているところもあります。

女性スタッフだけの引っ越しプランを利用する

嬉しいことに、そのような女性たちに向けた「女性だけのスタッフで引っ越しが可能」な引っ越し業者やプランも登場しています。男性にはない女性ならではのこまやかな気配りで、女性の一人暮らしの引っ越しを請け負うサービスです。

ただし、ご存知のように引っ越し業界で働く作業員はほとんどが男性で、女性は有料オプションサービスの梱包プランの手伝いをしたり、ダンボール箱などの軽い物を運ぶ中継の手伝いをしたりということをメインでやっているので、専門的な技術や知識を持つ女性の人材が全国的に少ないこともあり、予約が取りにくく、地域によっては対応できないこともあります。

また、荷物の内容により、重量物が著しく多い場合や、特殊作業を必要とする時には、引き受けられないケースも出てきます。

女性だけの引っ越し作業を希望する顧客が多いことに対して、まだまだ人材が足りていない実情があります。需要と供給のバランスが取れていないため、当然引っ越し料金は高くなるものと覚悟しておきましょう。予約をするには早めに申し込んだ方が良いでしょう。

女性だけのプランの予約が難しい場合は?

女性だけの引っ越しプランは気になるけれど、そんなに先まで予約が埋まっているのではマンションの退去日に間に合わないので、やむなくあきらめて他のプランを探す女性もいるでしょう。

ここで、提案なのですが、通常の引っ越しプランに1人でも女性が入ることによって心理的な負担は減らせませんか?

それで大丈夫ということであれば、通常の引っ越しプランでも対応できますね。有料オプションサービスのお任せ梱包プランをつければ、ダンボールの箱詰めをする作業員は、パートやアルバイトで短時間だけ働きたいという家事の経験豊富な主婦が多いので、女性スタッフが来てくれる可能性が高いです。もし、不安な場合は「女性にお願いしたい」ことをしっかりと申し添えましょう。

旧居からの搬出はまだしも、男性にこれから住むことになる新居に入られるのが嫌だという人もいるのではないでしょうか。そういう時にはトラックの運転や、重量物だけに限り階段作業や設置を男性に任せて、後のダンボール箱や小さめの家具は女性にお願いしてはいかがでしょうか。

どうしても室内に立ち入られるのが嫌だと言うなら、外の玄関先までの運搬作業を全て男性に任せ、玄関先で女性スタッフが待機し荷物を受け取り、室内には女性だけに入ってもらい家具や家電を設置してもらうのです。

大手の引っ越し業者では、様々なニーズに備えて女性スタッフを増やす動きがあります。中小業者よりはリクエストに応えてくれる可能性が高いかもしれません。

個人情報を悪用されるのが心配な場合

見積書に新住所と連絡の取れる電話番号を記載しなければならず、そこから個人情報が漏れることが心配だという女性も少なからずいます。今は、SNSやネット上の会員登録などから簡単に個人情報が漏れてしまう危険性もあり、一度でも個人情報が漏れる被害にあった人は用心深くなります。

個人情報が漏れることが心配な時は「引っ越し業者が業務上知り得た個人情報は業務の遂行のためだけに使用され、関係部署が厳重に管理し、他に漏洩させない」ことの証であるプライバシーマークを取得しているか確認してみましょう。

女性の一人暮らしなら見積書にも携帯電話番号を記載していることが多いでしょう。後日、引っ越し業者の男性スタッフから、「その後、荷物の破損などは見つかりませんか?」という電話があったので、てっきり引っ越しの時の作業リーダーか、見積もり担当の男性かと思ってしばらく受け答えしていたら、どうも様子がおかしいので問いただすと当日作業に来ていた新人の社員だった。

携帯電話番号を登録されて、いきなりLINEのメッセージが送られてきた、ということもありますので、入手した個人情報を決して漏らさないという姿勢が見える業者にお願いをした方が良いでしょう。先に調べて知ってはいても、あえて「プライバシーマークは取得されていますか?」と先手を打って聞いておくのも抑止効果があるでしょう。

まとめ

レディースプランや女性スタッフだけの業者に引っ越しをお願いするなら、予約が取りにくいだけでなく、その分引っ越し料金も高くなることを覚悟しましょう。なるべく早くに引っ越したいのであれば、どこか気持ちに抵抗のない部分で我慢したり、妥協できるところがないか考えてみましょう。

そして、引っ越し業者には、自分の今の気持ちを正直に話してみることをおすすめします。信頼のおける業者なら事情を汲み取ってくれて、悪いようにはしないでしょう。

ページトップ