引っ越し業者の選び方と料金を安くするコツ

引っ越しをしなくてはいけない理由は、人によって様々です。新入学、新社会人、転勤や結婚などいろいろです。

しかし、引っ越し自体をそう何度も繰り返す人は少数派ですから、多くの人は引っ越しに関してのノウハウをたくさん持っているわけではありません。

中でも、引っ越し業者の選択を誤ると、料金的にも精神的にも辛い引っ越しになってしまうケースがあります。

そこで、失敗しない引っ越し業者の選び方について情報を集めてみました。引っ越しにかかる料金や、引っ越し業者の特徴などのお役立ち情報ですので、参考にしてください。

見積り比較が引っ越しの基本

引っ越し料金は、基本的にどの業者も自分で決めています。決め方ですが、業者の事業所所在地の運輸局に届ければ、よほどのことがない限り申請通りの金額が認められます。

とは言え、競争相手がありますし、料金の根拠になる条件にそう変わりはない為、ライバル会社と倍も料金がちがうということはありません。それでも、料金に違いがあることは確かです。

そこで、数社から見積もりを取って業者ごとの価格の比較をすることが、引っ越し業者選びの基本になります。数社から見積もりを取ることを「合い見積もり」といいます。

合い見積もりの簡単な取り方と、合い見積もりを使った価格交渉のやり方、そして引っ越し料金はどうやって決められているのか、ということを見ていきます。

合い見積もりの簡単な取り方

合い見積もりを一番簡単に取る方法としては、引っ越しサイトを検索すると出てくる「一括見積」を利用することです。

引っ越し料金の見積もりを引っ越し業者数社に対して一度に依頼できるシステムなので、何度も入力する必要もなく、面倒がないので便利です。

依頼をするにあたって、先に口コミや評判などを閲覧して、めぼしい引っ越し業者を探しておくと楽にできます。一括見積にはいくつかのサイトがあって、大手で全国対応可の業者から地域に特化した業者の掲載があるものまであります。その中で、自分の条件に合いそうな業者が掲載されているサイトを利用することが出来ます。

次に、送られてきた見積もり金額を見て「よし、ここにしよう」というのではなく、その中からさらにめぼしい業者を数社選んで、訪問見積をしてもらう必要があります。

訪問見積の時に、来てくれた担当者のチェックをすることと、きちんとした荷物量を算出してもらい、正確な見積もり金額を出してもらうためです。この時に、こちらの希望を伝えると、必要なオプションについての説明があることが普通です。

また、何かあった時の補償についての説明、保険加入の有無なども含めてきちんとした説明があるべきです。

担当者の対応や態度が、その会社の社員教育を反映していますから、しっかり把握しておくことが重要です。

合い見積もりを使った価格交渉のやり方

合い見積もりで出てきた料金をそのまま受け入れるのではなく、やはり価格交渉はしてみるべきです。

価格交渉をするときには、引っ越しをする時期も大きなポイントになります。3月や4月のような超繁忙期に交渉をしても、あまり効果はありません。しかし、1月や6月、11月などのような閑散期になると価格交渉はしやすくなります。

合い見積もりを使った交渉の仕方ですが、一番安い見積金額とそれを提示した会社名、オプションの内容などを他の引っ越し業者に伝えることです。

この時に注意しなければいけないこととして、同じ程度の規模の会社同士であることが重要です。全国対応可で規模の大きい業者と、地元の小さな会社を競わせてもあまり意味はありません。「金額だけではなく、内容を見てください」といわれるケースが多くなりますから、注意してください。

こうして、引っ越し業者の出した根拠ある見積もり金額を他の業者に投げかけると、対向してきますから、言い方は悪いかもしれませんが「勝手な値引き合戦」が始まります。

これを一度ではなく二度繰り返すと、ほぼ限界値に使い金額が提示されます。その中から、一番低い金額の業者を選ぶか、少し金額が高くてもオプションをおまけしてくれたり、企業姿勢が自分に合う業者を選ぶと、失敗のない業者選びができます。

見積もりが引っ越しの基本だということは、金額だけではなく担当者を見ると、その会社の企業姿勢を見ることが出来るからです。そして、さらに、価格交渉につながる大きなポイントになるからです。

引っ越し料金はどうやって決められているのか

多くの業者がとっている引っ越し料金を算出する根拠として、基礎運賃・実費・オプション・その他の要素の4つがあります。

それぞれについて、内容を見ていきます。

基礎運賃

基礎運賃は、どこの業者でもあまり変わりはありません。約款に基づいて算出される金額で、国土交通省がモデル料金を示しているためです。

その内容は移動時間を基礎とした時間制と、移動距離を基礎にした時間制の2種類です。

時間制は4時間と8時間の2種類あって、それぞれ1時間超過するごとに料金が加算されていきます。

距離制は軽貨物業者は30km、その他の業者は100kmを基礎としています。これを超過した距離によって、追加料金が発生ます。

実費

実費とは、引っ越し作業現場に関わったスタッフの人数分の人件費・段ボール代などの梱包資材料金・有料道路通行料やフェリー料金などです。高速道路などを使った場合は片道分の請求が多く、フェリーなどの場合は往復分の請求になります。

オプション

オプションサービスの内容は、不用品処理・荷造りと開梱作業・エアコン取り外しや取り付け・ピアノ輸送・美術品輸送・ハウスクリーニングなど、多岐にわたります。

その他の要素

その他の要素としては、繁忙期か閑散期日・曜日と時間などがあります。

なぜ繁忙期か閑散期かで引っ越し料金が変わるのかですが、繁忙期はいくら人手があっても足りないから高くなります。逆に閑散期には人手が余るので安くなります。

人件費は臨時雇用の人数以外は固定経費ですから、閑散期に仕事がないとまるまる人件費が無駄になります。この為、プラスマイナスゼロでもいいから仕事が欲しい、という事情が引っ越し業者にはあるので、閑散期の料金は低額になります。

曜日と時間についてですが、一番需要が多いのは土曜日の午前中です。閑散期でも土曜日の午前中に指定すると、繁忙期並に近い料金になることもあります。

理由は、平日に引っ越せないから土曜日の午前中に引っ越しを終えて、土曜の午後と日曜日を使って、片付けをする人が多いからです。

引っ越し業者によって違う特徴

一口に引っ越し業者といっても、その数は全国に何社あるのか、正確には把握できないぐらいたくさんあります。

また、引っ越しという作業ですが基本的は「運送業務を柱にしたサービス業」ですから、各社それぞれの特徴があります。

ここでは代表的な大手5社の特徴を挙げていきます。

アート引越センター

アート引越センターの特徴は、たくさんの引っ越しプランがあることです。一人暮らしの女性でも安心なスタッフさん全員が女性のプラン、学生さんにも優しい学割プラン、単身者用のお得パック、60歳以上の方向けのシニアプランなどがあります。

また、引っ越しに必要な種々の手続きを代行してくれたり、引っ越しを終えた後の模様替えを手伝ってくれたりなど、細やかなサービスプランもあります。

日通

引っ越しの規模を考えたプランがあります。少量の荷物を格安で運んでくれる単身パック、単身パックよりも少し荷物が多いワンルームパックなど、日通独特のプランがあります。

また、引っ越し技術が高いのはもちろんですが、日通独自のエコに配慮した使い捨てにならない梱包材を使うなど、独特の企業姿勢があります。

クロネコヤマト

クロネコヤマトといえば宅急便かと思いますが、実は多彩なパックを用意している引っ越し業者でもあります。

自分に必要なサービスを組み合わせて、準オーダーメイド的な引っ越しが出来ますから、料金も意外に抑えることが出来ます。

また、本体であるヤマト運輸の長い歴史に支えられた信頼と高い技術には、好感と安心感が持てます。

サカイ引越センター

ファミリー向けから単身者向けまで、幅広い引っ越しプランが用意されています。また、基本プランに加えて家のリフォームや建て替えの時に、長期間荷物を保管してくれるなどのプランも充実しています。

サカイ引越センターは、取扱件数だけを見るとまさにトップですが売上高がトップではないということは、大手の中では比較的低料金だといえます。しかし、技術的なことはもちろんですが、全体のレベルは高い方です。

アリさんマークの引っ越し社

大手の引っ越し業者の中には、地域や営業所によって対応がちがう会社もありますが、アリさんマークの引っ越し社の対応やサービスは安定しています。

また、100%自社車両を使っているということは、下請け業者を使わないということを示しています。これも、安定した対応やサービスを提供できる大きな要因です。

引越し前にやる準備や手続き

引っ越しをするためには、いろいろな準備や手続きが必要です。もれなくやっておかないと、新居に移ってからドタバタしなくてはなりません。計画的に準備と手続きをする必要があります。

公的な手続きも含めて、準備と手付きの順番と内容を見ていきます。

1ヶ月前から始める準備と手続き

引っ越しの1ヶ月前から始めた方が良い準備を要約すると3つで、それは以下のとおりです。

・不動産管理会社へ解約を伝える
・引っ越し業者と契約
・学校の転校手続き

では、項目別に内容を見ていきます。

不動産管理会社へ解約を伝える

解約は1ヶ月前に申告するという契約内容が一般的です。この為、解約通知日から1ヶ月は家賃を支払いますから、申告漏れをすると新居の家賃と重複した支払いが生じてしまいます。

引っ越し業者と契約

引っ越しまでの期間が長いほど、価格交渉はしやすくなるので、早いうちに業者を探して契約をします。

特に、業者が多忙な土曜日の午前中などは、後になると価格交渉も難しくなるし、希望日に引っ越しが出来なくなることもありますから早い者勝ちです。

学校の転校手続き

お子さんが公立校に通っている場合、担任の先生に伝えて手続きをしておかないと、新しい学校に伝わらなくなりってしまいます。

この他にも、インターネットのプロバイダーへの通達などもやっておく必要があります。

2、3週間前にやる準備

引っ越しの間際になって慌てないように、この時期からやっておく準備を要約すると2つで、それは以下のとおりです。

・梱包開始
・不用品の回収

では、項目別に内容を見ていきます。

梱包開始

引っ越し業者から梱包用の段ボールが届きますから、日常なくても良いもの、使わない物から梱包を始めます。以外に多くあることもありますから、不要品になるものも出てきます。

不用品の回収

引っ越しを機会に不用品を処分するケースが多いのですが、家電品や家具などは自治体によって処分方法がちがいますから、ルールに則ってやる必要があります。この為、時間的に余裕があるうちにやっておくべきです。

リサイクル業者に引き取ってもらうなどの方法を取る場合でも、早めにやっておかないと後で慌てます。

1,2週間前にやる手続きと準備

1,2週間前にやる手続きと準備を要約すると2つで、それは以下のとおりです。

・自治体への届け出
・公共サービスの移転手続き

では、項目別に内容を見ていきます。

自治体への届け出

転出届や印鑑証明の末梢など、転出に伴う一切の手続きをしておきます。どんな手続きの必要があるのかは、自治体の総合窓口で教えてくれますから、あらかじめ電話で確認をしておく必要があります。

公共サービスの移転手続き

電気・ガス・水道・携帯や固定電話・郵便物・新聞などの住所変更の手続きをしておかないと、新居に移った後でいきなり困ります。

引っ越し当日にやること

引っ越し当日にやることは残った荷物の梱包と、搬出が終わった部屋を簡単に掃除すること。あとは立ち合いです。

立ち合いは後日でも可能ですが、わざわざ立ち合いの時にまた旧居に来なくてはいけなというのは辛いですから、上手く調整をしておく必要があります。

上手に段取りを組んでおくと、肉体的にも精神的にも楽な引っ越しが出来ます。

一人(単身)で引っ越す時の注意点

単身者の引っ越しには、家族の引っ越しとは違った注意点がいくつかありますが、中には共通する部分もあます。

単身者の引っ越しで、注意しておいた方が良い事柄を要約すると5点で、それは以下のとおりです。

・費用面では単身パックを使うこと
・時間がないときは引っ越し業者のオプションを使うこと
・重い家電や家具の配置はあらかじめ決めておくこと
・遠方への引っ越し、家具は現地調達の方が安くなることもある
・不用品の処分を絶対に忘れないこと

では、項目別に内容を見ていきます。

費用面では単身パックを使うこと

単身パックは荷物が業者指定のコンテナに収まり、混載便にすることでかなり料金が抑えられています。

自分の荷物がコンテナに収まる量でしたら、単身パックを使わないとかなり損をします。荷物量の目安は、業者ごとにガイドラインがありますから、サイトを閲覧して確認してください。

時間がないときは引っ越し業者のオプションを使うこと

単身者の場合、昼間に引っ越しの準備をすることは難しいケースがほとんどです。既婚者や家族のいる人の場合でも共働きだと、やはり昼の時間帯に引っ越しの準備をすることは難しくなります。

こんな時には、無理をして疲労困憊になるよりも、引っ越し業者のオプションを利用した方が無理なく引っ越しが出来ます。

重い家電や家具の配置はあらかじめ決めておくこと

引っ越しをすることで頭がいっぱいになりがちなため、引っ越し当日や後日のことを後回しに考えてしまいがちです。

その為、家具や家電のような重量物の配置は、実際に新居に入ってから考えればいいという判断をしてしまうケースがあります。

しかし、一人で動かせない家具や家電などは配置が悪いからといって、後から動かすことは無理な場合が多いですから、あらかじめ配置を決めておく必要があります。

これは、家族の引っ越しでも同じです。

遠方への引っ越し、家具は現地調達の方が安くなることもある

単身者でも荷物の多い人の場合、大きなトラックを使う場合があります。当然ですが、小さなトラックよりも料金は高くなります。

その為、一部の家具は不用品として処分してしまい、新居に移ってから調達した方が荷物の量が減って相対的に引っ越し料金が安くなることもあります。

家族の引っ越しでも、同じケースになることもありますから、注意してください。

不用品の処分を絶対に忘れない

不用品の処分を忘れると、一人ではどうしようもないケースになることもあります。誰かに頼むこともできませんから、後日、旧居に戻って処理しなくてはいけなくなります。絶対に忘れないように注意をしてください。家族の引っ越しでも同じですね。

暮らしの達人グループサイト

  • マンション売却の達人
  • 家売却の達人
  • 注文住宅の達人
  • 部屋探しの達人
  • 住宅ローン
  • 住宅リフォームの達人
ページトップ