引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント

引っ越し見積もり相場をまとめて比較!一括査定のポイント

引っ越しをするなら、見積もり金額をまとめて比較できる、一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。上手に活用するためには、一括見積もりサイトに関してだけではなく、引っ越し料金の相場や荷造りをお願いするかしないかでの値段の違い、各種オプションなど、引っ越し料金についても知っておきましょう。

料金相場はどんなもの?自分に合わせたカスタマイズをしよう!

後悔しない引っ越しをするためには、見積もりを取る前に料金の相場や仕組みを知っておくことが大切です。頼むのは基本の作業のみとするのか、オプションを利用して自分でやる作業を減らすのかでも料金は変わってきます。

あなたの引っ越しはどっち?ファミリーor単身

引っ越しの料金は、運搬をお願いする荷物の量や移動距離でも変わってきますが、単身者の引っ越しで30,000円~50,000円、ファミリー(4人くらい)の引っ越しで60,000円~130,000円が相場です。

時期によっても違いが見られ、学生や新社会人が多く一人暮らしを始める3月や4月、土日祝日などの繁忙期は、そうでない時期に行う引っ越しよりも10,000円以上割高になることもあります。

また、荷物が多すぎれば、単身でもファミリーと同じくらいの値段がかかることもあるので、ファミリー、単身といった言葉だけではなく、荷物の量でも大体のイメージを持てるようにしておきましょう。

例えば、単身者で荷物が少なくて距離も短い人なら、20,000円程度で引っ越しをすませることができます。逆に荷物が多くて距離が遠いと、70,000円程もかかってしまう場合があります。

荷造りは誰がやる?安くしたいなら自分で梱包しよう

荷造りは自分でやるのがオトクです。引っ越し業者のCMを見ていると、梱包をやって荷物を運んで…というシーンが流れることがありますが、実は梱包の部分はオプションで、別料金がかかってしまいます。

例えば、単身者なら荷物量もそんなに多くないので、追加料金は15,000円~20,000円程ですみますが、ファミリーだと荷物量が多いので50,000円~60,000円もかかってしまいます。安く引っ越しをすませたいなら、時間を作って自分で梱包をするようにしましょう。

お金には代えられない?使うと便利なオプション色々!

安くすませるならオプションは頼まない方がいいというものの、お金を払ってでもオプションを付けた方がいい場合もあります。特にファミリーでの引っ越しなら、「子どもが小さくて預け先もない。とてもじゃないけど梱包や開梱作業をやっていられない!」という状態も考えられるでしょう。

そんな時は、お金を出してやってもらう選択肢にも価値があります。また、子どもがいなくても、ぎりぎりまで仕事が詰まっていて時間が取れない人にもおすすめです。荷造りや荷解き以外のサービスも色々あり、代表的なものとしては、エアコンやウォシュレットの移設作業があげられます。

特に、エアコンは、専門的な知識や道具がないと移設作業が難しいので、自前のものを設置していた場合は、お金を払ってでも頼むことになるでしょう。

他にも、トラックでの移動時間を使って殺虫剤を焚いてくれる虫駆除サービスや、移動先の部屋に盗聴器などが仕掛けられていないかを確認してくれる盗聴器発見サービスなど、引っ越しの機会にしかなかなかできないようなサービスも展開されているので、魅力的なものがあれば、見積もりをする時に検討してみましょう。

一括見積もりって何?安く引っ越したいなら上手に活用しよう

料金の相場がわかったら、さっそく見積もりを取ってみましょう。電話やメールで一社一社に問い合わせするのも一つの方法ではありますが、おすすめなのは、一括見積もりサイトを利用する方法です。

一括見積もりサイトとは

一括見積もりサイトは、一回必要事項を入力することで、複数の業者の見積もりを取ることができるサイトです。入力事項には、現住所や引っ越し先、引っ越し希望日、連絡先などの基本的な情報の他に、大まかな荷物の量や付けたいオプションの種類などがあります。

これらを一通り記入すると、登録されている引っ越し業者の中から条件に見合った業者だけをピックアップして、自動的に取り次いでくれます。

しばらくすると電話やメールでそれらの引っ越し業者から連絡が来るので、訪問見積もりのアポイントメントを取りましょう。初めての場合でも、必要なことは向こうから聞いてきてくれるので、安心して申し込めます。

一括見積もりサイトを利用するメリット

一括見積もりサイトを利用するメリットは、業者を探す苦労が激減するというところにあります。一度にたくさんの業者に見積もりを依頼できるうえ、一回必要事項を入力して応募するだけで、後は向こう主導でアポイントメントなどをやってくれるので、自分からアプローチをかけるのは最初の入力のみで、後は流れに身を任せるだけですみます。

また、アポイントメントを取ってくるのは提示した条件をクリアした業者のみですから条件が合わなかったと空振りすることがありません。そのため、電話などで一社ずつアポイントメントを取る場合と比べて、格段に手間が減ります。

さらに、一括見積もりサイト経由の申し込みなら、他社も見積もりに参加していることがわかるので、交渉を頑張らなくてもある程度安い金額を提示してくれます。

一括見積もりサイトを上手く利用するためのコツ

上手に見積もりを取るためには、なるべく早く申し込むことが大切です。なぜなら、時間に余裕があればあるほど、訪問見積もりをする時間が取れるからです。複数の業者に見積もりを取ることを相見積もりと言いますが、さっとすませても一件あたりに30分~1時間はかかります。

値下げ交渉もしようと思うともっと時間がかかるので、時間はあればあるほど良いですね。また、引っ越し日までに時間があれば、引っ越し業者の方でもまだ依頼を確保できていないことが多いので、交渉に応じてもらいやすくなります。

引っ越し日は複数提示できると良いでしょう。引っ越し業者はトラックを休ませておくことを嫌いますから、業者が仕事の予定を確保できていない日に自分の引っ越し日を充ててもらうことで、安い金額にしてもらえるかもしれません。

さらに安くしたいなら、訪問見積もりの日までに不要なものを処分しましょう。引っ越し業者は、部屋の中の荷物の量を見ながら見積もり金額を出しますから、要らないものを無くして荷物を減らしてから見積もりを取った方が当然安くなります。

上手に引っ越しをしたいなら、一括見積もりサイトを使って複数の業者の見積もりを一括で取り寄せて、料金の相場と提示された見積もり金額を見比べながら、各業者の見積もりを比較することが大切です。

オプションを付けるなら、引っ越し業者によって金額だけでなくサービス内容も違うので、詳細までしっかり把握したうえで決めるようにしましょう。

引っ越し一括見積もりサイトランキング

引越し達人

「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。

長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。

引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。

他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

ライフル引越し

ライフル引越しを運営しているのは、賃貸などで有名なホームズです。テレビCMも放映されているため、知名度が高いです。

しかしライフル引越しは知名度だけではなく、提携業者数も多くどんどん利用者が増加しています。このライフル引越しでも、キャッシュバックキャンペーンや、利用者特典があります。

一括見積もりサイトとしては、運営を始めてから日が浅いですが、時期によっての特典もあるので、他のサイトと比較して条件にあった場合は、もっと引越し料金を安くすることができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、最近話題になっている引越し侍と運営元が同じで、一括見積もりサイトとしては運営歴もそこそこで、中堅あたりに位置しています。

最大の特徴は、なんといっても提携業者の多さ。230社以上の業者が登録されいるため、かなり格安で作業してくれる業者を見つけることができるかもしれません。

この引越し価格ガイドでも色々なキャンペーンを開催しています。「とにかく引越し料金を安くしたい」、「少しでも多くの業者と比較したい」という方は利用してみましょう。

公式サイトはこちら

関連ページ

【保存版】引っ越し費用の総額相場まとめ(家族・一人暮らし)
引っ越し単身パック(一人暮らし)の料金相場
2トントラックの料金相場、寸法、サイズ、高速料金について
引っ越し業者の梱包サービスの範囲と料金相場について
引っ越しファミリーパック(4人家族)の料金相場
1LDK、2LDK、3LDKの引っ越し料金相場
カップルや夫婦の2箇所積み(立ち寄り)の引っ越し料金相場
エアコンやBSアンテナなどの取り外し(付け)にかかる費用
事務所の移転にかかる料金相場と注意点
車、バイク引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の荷物預かりサービスの料金相場
自分引っ越しで軽トラをレンタカーで借りる場合いくらかかる?
ピアノの引っ越し料金相場と注意点
ハウスクリーニングを引っ越し業者にお願いした場合の料金相場
引っ越し先にウォシュレットを持っていく場合
60歳以上の高齢者におすすめのシニアプラン
クレーン車が必要な引っ越しの費用を安くするコツ
離島へ引っ越す場合の料金相場と注意点
海外から日本国内へ引っ越す場合の料金相場と注意点
衛星アンテナの引っ越し料金相場と注意点
引っ越し業者の害虫駆除サービスの料金相場と注意点
引っ越し業者の盗聴器探査サービスの料金相場と注意点
ページトップ