大きな家電や家具を1つだけ運ぶ場合でも引っ越し業者に頼める

自分の車で小さい荷物を運んだが大きい家財だけが残ってしまったとか、親戚の甥っ子に学習机を譲りたい、など大き目の家具を運びたいときは、どこに運搬を頼んで良いのか悩んでしまいますね。玄関先に届けるだけでなく所定の位置に設置してもらうには、引っ越し業者がおすすめです。

引っ越しでなくても引っ越し業者に運搬を頼めるの?

引っ越し屋さんは引っ越しをしない人にとっては無縁の業者と思われそうですが、引っ越しでなくても利用できます。トラックを使って荷物を運ぶことを事業としているため、家電や家具を1点からでも運んでくれる引っ越し業者があります。

大型家具や家電を1点から運んでもらえる

昨今の引っ越し業者は、多彩な引っ越しプランやオプションサービスを用意しているところがほとんどです。標準の引っ越しプランに加え、大型家財だけの引っ越しプランや、大型家電や大型家具1点だけの輸送サービスを提供し、幅広く顧客のニーズに対応しています。

また、大々的にホームページなどで宣伝をしていなくても、頼めば引き受けてくれる中小規模の引っ越し業者も見つかるでしょう。

専用のプランがある引っ越し業者はどこ?

「家具1点だけ」、「単品輸送」など、少量の家具でも輸送を引き受けてもらえる引っ越し業者を紹介します。

ヤマトホームコンビニエンス

クロネコヤマトの宅急便でおなじみのヤマト運輸と同グループのヤマトホームコンビニエンスは、引っ越し業務を専門に行っています。

こちらは、「らくらく家財宅急便」という名称で、大型家具や家電の配送を1点から、全国対応で取り扱っています。宅急便とはいっても荷物をダンボールなどで梱包する必要はなく、引き取り・梱包・配送・開梱・設置まで、すべて作業員が行ってくれます。

SGムービング

佐川急便でおなじみSGホールディングスグループのSGムービングでも、家具1個だけの輸送を行う「単品プラン」を提供しています。

引っ越し以外に、フリマアプリやネットオークションで売れた大型家具や家電など何でも1点から配送してくれます。もちろん、梱包・搬出・輸送までの流れになっています。

ファミリー引越センター

首都圏近郊ならおまかせのファミリー引越センターでも、さまざまな条件や希望に応えるべく「単品輸送便」を提供しています。いらない家具を友人に譲ったり、タンスや冷蔵庫などを一つだけ送ったりできます。

大型家財が1点以上ある場合は?

小物は自分で運び、他の家具や家電製品だけの運送を引っ越し業者を利用して安くすませたいという人向けのプランです。

ダック引越センター

黄色いアヒルのキャラクターが印象的なダック引越センターでは、「家具だけプラン」を提供しています。引っ越し先が近所なら、すべてを引っ越し業者に任せずに、できることは自分でやろうと小型家具やダンボールに梱包した荷物などは自力で運ぶことも多いようです。

しかし、大型の家財を運ぶためのトラックや人の手配をすることが難しいという人たちに向けた引っ越しプランです。

アーク引越センター

全国に200を超える拠点を持つアーク引越センターでも、引っ越し料金を節約したい人たちのために「大物限定プラン」を用意しています。大物限定としながらも、ダンボールやハンガーボックスの無料サービスがつくなど、引っ越しを想定した内容になっています。

ただし、依頼主の希望により作業範囲は変更できるため、柔軟に対応してもらえるようです。相談してみると良いでしょう。

大きなものや重すぎるものはどうしたら良いの?

分解ができない大きな婚礼家具やピアノなども、冷蔵庫などと同様に運んでもらえるのでしょうか。そもそも、このような大きなものや重たいものは通常の引っ越しでも、特殊作業が必要なケースが多いものです。

階段や廊下などが狭いと所定の場所にスムーズに入れられないことがあります。また、エレベーターのサイズ次第では、載せられないこともあります。

そんなときは、部屋の窓を外して、クレーンを使って搬入することが考えられます。手吊り作業ができる場所なら、人の力で吊りあげることもあります。引っ越し業者なら、専門のクレーン車両を有しているところもあり、ベテラン作業員が対応してくれます。また、提携先の専門業者へ取り次いでくれるかもしれません。

普通に持ち運んで移動できる家具よりは、特殊作業が必要な分、料金は高くなってしまいます。概算の見積額を聞いてみて、輸送料をかけてでも運びたいと思えなければ処分や売却することも視野に入れましょう。どうしても運びたいなら、何社かの見積もりをとり、安い業者に依頼すると良いでしょう。場合によっては下見が必要になることがあります。

運送料金が高いなら自分で運ぶのもあり?

大きいものや重量物は、サイズが大きく重さが重くなるほど料金が高くなることが一般的です。そこで、運送料の節約のために、力自慢の身内や知人と一緒に自分たちで運んでしまおうと思う人もいます。人手があり、持てさえすれば何とか運べるのではないか、と思うのもわかりますが、細かい点をよく検討してみましょう。

荷物を載せる車両の手配をどうするか

大きなものは載せるためのトラックが必要になるでしょう。ものによっては倒してはいけないものがあるため、載せ下ろしの際にも十分に注意をしなければなりません。重量物をトラックの荷台まで持ち上げるのも大変です。パワーゲートのあるトラックなら積み下ろしが楽ですが、その分、レンタル料金も高額になります。

特殊な車両は台数が豊富でないため、どこの営業所にも十分な台数を常備しているとは限りません。他の営業所から回してもらうこともあるため、早めの予約が必要です。特に繁忙期になる3月4月などは気をつけましょう。予約時では当日の天候も分かりません。雨天では、荷物が濡れないように幌やロープの手配も考えておきましょう。

運搬方法は?建物の保護は?

冷蔵庫は大容量タイプのものなら、両開きが一般的で幅も大きいです。ドラム式の洗濯機は重量が重く、持ち運びも設置も素人では厳しいでしょう。取扱説明書をよく読み、手をかけて良い場所などをきちんと確認しなければなりません。

本棚や学習机、食器棚などにしても、大きなものは運ぶときに建物や室内の壁などをキズつけないように慎重に運ばなければなりません。分譲マンションなどでは、引っ越し時にエレベーターや床の保護を徹底している物件が多いです。たった一つの家具とはいえ、養生のためにシートを敷いたり、厚みのあるカバーなどをかけた方が良いでしょう。

万一の事故や破損の場合の補償は?

車の移動中に何かの事故があった際にはレンタカー会社で加入する保険の適用になりますが、家具については何の補償もありません。自分の持ち物ならまだしも、建物や設備を破損してしまったら、自費で弁償しなければなりません。

損害保険会社の特約などで、補償対象になる保険に入っていれば良いのですが、一つの家具を一回だけ運ぶために、オプションで加入するのも無駄です。引っ越し業者なら預かった荷物に対する補償はしっかりしているため、万一の際にも安心です。

何より、素人集団が何人いようと、慣れたプロの仕事にはかないませんし、事故が起こるリスクは比べ物にならないでしょう。

対応してくれる業者をすぐに見つけられる

大きな家財ということは、長距離の運送なら料金も数万円かかることがあります。金額が大きければ大きいほど、各業者間では料金差が生じます。少しでも安く依頼したいと思うなら、各社の見積もりを出してもらうことをおすすめします。

同じ方面に行くトラックに一緒に載せてもらう

冷蔵庫一つだけを北海道から九州まで運んでほしい、というようなケースでは、近くの小規模の引っ越し業者では難しいかもしれません。近所なら運んでくれることが多いとは思いますが、遠距離の場合は万一引き受けてくれたところで、莫大な金額がかかってしまうことが予想されます。

しかし、全国規模で事業展開する引っ越し業者なら、独自の輸送ルートを持つため、日にちはかかったにしても混載便で安価にすむでしょう。同じ方面に荷物をいくつか積むことによって高速道路料金やガソリン代、人件費などを浮かせ、その分運送料を安くするプランです。割り勘便と呼ばれることもあります。

業者の規模が小さければ、同じ方面への定期便が少ないと、期待通りの安値にならないことも考えられます。このように、同じ荷物一つとっても各社で料金が異なってくるため、事前に下調べが必要です。

引っ越し一括見積もりサイトなら安い業者がわかる

一つの荷物を送るためにそこまで手間ひまかけたくないと思うなら、引っ越しの一括見積もりサイトを利用する方法もあります。それなら、家具の入力は一つですみ、詳しい訪問見積もりの必要もなく、手っ取り早く安く運んでくれる業者が見つかるでしょう。引っ越しとは違い、口頭やメールで概算金額を教えてもらえるのではないでしょうか。

まとめ

引っ越しにしても、小物だったら何往復しても良い覚悟なら自分で運べますが、大きな家具や電化製品は慣れない人が運ぶのは危険です。下手をすると節約するつもりが、逆に破損などで思わぬ出費につながらないとも限りません。

やはり常日頃から大型荷物の運搬に慣れている引っ越し業者の利用が補償面でも安心でき、結果的に安上がりでベストな選択と言えるでしょう。

ページトップ