引っ越し繁忙期はアルバイトが増えるので注意しよう

「引っ越しを控えている時に、たまたま自分がお願いした引っ越し業者のアルバイト募集の求人広告を見つけてしまいました。うちは荷物が多くて大変だろうから、できれば慣れていないアルバイトの作業員じゃなくベテランの正社員にお願いしたいんだけど……。」

そんな個人の要望は、どのくらい聞いてもらえるのでしょうか。

顧客の希望によるスタッフの編制はできない

引っ越し業者はそれぞれの引っ越しに、現場の指示を出すリーダー格のベテラン社員、経験を積んだ中堅社員、新人に近い社員、アルバイトの臨時従業員を、作業の品質が偏らないようバランスよく配置する必要があります。

部下に的確な指示が出せるリーダー格となるベテラン社員を1つの引っ越しの現場に2人も配置するようなことはしません。

それと同様に、経験の浅い新入社員やアルバイトを多く配置するようなこともせず、頼れるリーダーの下でそれぞれが作業品質を落とすことなくお客様の満足いく引っ越しができるよう、適正な配置にしています。

そのため、お客様からの希望で全員を正社員にしてほしいとか、経験年数何年以上の人で統一してほしいなどの要望には残念ながら応えられません。

ただ、引っ越しの少ない閑散期で、一切アルバイトを雇わないような引っ越し業者を根気よく探せば、ひょっとしたら正社員だけで賄う引っ越しが実現できるかもしれません。

正社員なら安心?

全国的に引っ越しが集中する3月中旬から4月中旬までの繁忙期には、普段の正社員の人数だけではとても引っ越しをさばききれず、アルバイトを雇うことになります。この時期の引っ越しを考えているなら、アルバイトが入ることはやむを得ないことと、覚悟しておきましょう。

繁忙期にはアルバイトを雇ってスケジュールをやりくりしていても、それでも人数が足りない中小規模の業者では、体力的に厳しくなって現場の作業から身を引いた幹部役員たちが現場に出ざるを得ないことがあります。

どうしても臨時作業員が確保できなかった時の引っ越しでは、普段事務職をしている女性社員や、営業担当で普段は見積もりで出歩いている社員が臨時で現場に出ることもあります。肩書きが正社員だから安心というわけではないのです。

信用できるアルバイトスタッフのいる業者の見分け方

アルバイトは経験も浅く、仕事ぶりが不安という懸念はもっともです。まず、正式雇用でないので責任を持って大切な荷物を無事に運んでもらえるのか、てきぱきと動くことができず、手持ち無沙汰でウロウロとしているだけではないのか、など色々な心配があることでしょう。

また、高価な物や興味のありそうな物を持って行ってしまわれたらどうしようとか、その辺が心配で気になるという人もいます。そんな人のために、信用のできるアルバイトスタッフのいる会社の見分け方を紹介します。

きちんと採用に手間暇をかけている

アルバイトを雇う際に時間をかけて面接を行い、やる気があり安心して仕事を任せられそうな候補者だけを採用する業者もあれば、簡単な経歴書の提出だけで、面接を行わずに採用とする業者もあるようです。

また、親の同意書を求めたり、連帯保証人をおいて何かトラブルがあった際の責任の所在をあらかじめ決めて採用している業者もあります。

アルバイトに無理な作業はさせない

また、重い物を持つのに慣れていないアルバイトは、高い家電を落として壊してしまったり、壁に傷をつけられたりしたらどうしよう、という心配もわかります。アルバイトは、室内とトラックの中継をすることが多いですが、コツがいる大きな物や重い物はベテランが運ぶことになります。

アルバイトに限らず、正社員でも不慮の事故がないとは言えず、そんな時は引っ越し保険で破損があった荷物の補償はされますので安心してください。

教育体制がある

しっかりした業者だとアルバイトを雇っていきなり現場に出すようなことはしません。きちんと一通りの研修や教育行って自信を持って現場に送り出してます。

社員教育や研修がどのような設備を使い、どのように訓練しているかを公式サイトなどで紹介している引っ越し業者もありますので、参考にしてみてください。

ベテランのアルバイトは、社員とのコミュニケーションもよく取れ、元気で体力自慢の若者が多くいます。時には、新入社員よりも貫禄のあるアルバイトもいるんですよ。何もアルバイトだから悪い、仕事ができないと一概には言えません。

心配なら聞いてみよう

どうしても心配なら、見積もりの時に聞いてみたり、電話でも問い合わせたりしてみましょう。アルバイトの誓約書や身元保証書はどうしているのか、どんな研修をしているのか、などの疑問点や不安な点を尋ねてみて、そこで心配が解消されれば安心して任せることができるのではありませんか?

でも、アルバイトの心配よりも、一番気にすべきなのは、正社員の質だと思います。問い合わせの電話に出た社員の対応や、訪問見積もり時の営業マンの様子などで、きちんと社員教育がなされている会社かどうかは雰囲気でわかりますよね。

そのような好印象を持った人たちが集まる会社なら、正社員の作業員も、アルバイトの臨時従業員も、まず間違いがないと思います。そのようないい会社には、リピーターのアルバイトが大勢いますよ。

毎回長期休暇のたびに同じ引っ越し業者でアルバイトをくり返すなら、働きやすいいい会社であることが窺えます。そういう業者は、利用者にとってもいい業者であると思って間違いありません。

まとめ

全国的に引っ越しが混み合う春先の繁忙期は、どうしてもアルバイトの人数が多くなります。そのような混む時期に、スタッフをこちらから指定するようなことはできません。

しかし、やる前から重労働できつい作業であることがわかって応募してくるアルバイトの人たちは、総じて体力自慢の元気で活気のある若者がとても多いです。

トレーニング代わりだったり、休みの間に体がなまらないようにと、時給のいい引っ越しのアルバイトで稼ごうというやる気のある人たちに当たれば、意欲的に頑張って取り組んでくれるのではないでしょうか。

それでもどうしても気になるからやはり正社員でお願いしたいということであれば、閑散期をねらえばよいかもしれません。

ページトップ