不動産業者からの紹介で引っ越しするのはお得か?

引っ越し業者を選ぶ際に、「不動産業者から紹介されたから」という理由で決める人もいると思います。

よくあるケースが、賃貸を紹介してくれた不動産業者に紹介されたり、あるいは家を売却して引っ越す際に仲介業者におすすめされるケースです。

別にこれが悪いことというわけではないのですが、不動産業者からの紹介で引っ越し業者を決めると、相場よりも高い金額になってしまうことがあるので注意しましょう。

※家を売却して引っ越す際は他にも色々注意点があるので、詳しくは姉妹サイトの「マンション売却の達人」の記事をご覧ください。

参考:引っ越し、転勤のためにすぐマンションを売りたい

見積もり依頼をする方法

不動産業者の紹介も含めて、引っ越し業者に見積もりを依頼する一般的な方法を3つ押さえておきましょう。たくさんの方法を知っておくことは、より良い見積もりにつながります。

不動産業者経由

新居になる物件を契約した不動産業者から紹介を受ける方法です。紹介料を支払う必要はあるものの、引っ越し業者からすれば、不動産業者はたくさんのお客様を紹介してくれるお得意様です。

高い金額を請求したり文句をつけたくなるような作業をしたりしていると、次からは紹介してもらえなくなるので、下手な対応はしないだろうという安心感があります。

金銭的な交渉を行うことが苦手な人は、この方法で見積もりを取ると良いでしょう。ある程度の良心的な金額や対応が期待できます。

直接引っ越し業者に連絡

引っ越し業者に一件ずつ電話やメールで見積もりを依頼する方法です。一度にたくさんの業者を比較することは難しいので、ある程度知識がある人や毎回同じ業者に頼んでいる人に向いている方法です。

また、ある特定の業者しか扱っていないオプションサービスを使いたいという人も、この方法で良いでしょう。

一括見積もりサイト

最近主流になってきた方法です。インターネットで大まかな荷物の量や現住所、引っ越し先などの情報を入力することで、一度にたくさんの業者から見積もりを取ることができます。

後は業者からメールや電話を使って訪問見積もりのお伺いを立ててくれるので、連絡が来るのを待つだけです。自分からいろいろなところに連絡する手間が省けるので、たくさんの業者を比べたい場合におすすめです。

不動産業者からの紹介はお得か

不動産業者の顔を立てようという意識から、良心的な扱いは期待できるでしょう。しかし、高過ぎはしないけれど、安くもない普通の料金になる可能性が高いです。

また、古くからある地域密着型の不動産業者は、地元の知り合いで地域密着型の経営をしている引っ越し業者を紹介してくることがあります。こういう引っ越し業者に多彩なサービスを求めることは難しく、長距離の引っ越しを頼むと相場より高くなる場合があります。

長距離の引っ越しをする人やいろいろなサービスを期待する人は、その業者にこだわらないように気を付けましょう。紹介されたから断ったら申し訳ないと思うかもしれませんが、向こうも商売ですから大丈夫です。

一括見積もりサイトの活用で手軽に底値にたどり着こう!

相見積もりをしないのは非常にもったいないです。できれば不動産業者からの紹介一本に絞らず、いろいろな手を尽くしましょう。一番良いのは、不動産業者紹介の業者に見積もりを依頼しつつ、一括見積もりサイトを活用することです。

電話やメールなど、たくさんのアクションが帰ってきて大変ですが、一括見積もりサイトは特性上、相見積もりが必須です。そのため、引っ越し業者にライバルが多いことをあらかじめ意識させることができます。

見積もりの時に他社の値段を聞いてくるなど、こちらがアクションを起こさなくても値引きの交渉を始めてくれるので、効率よく底値にたどり着くことができます。では、この一括見積もりサイトを効率よく活用するコツを見ていきましょう。

安い業者を見つけるコツ

一回当たり30分~1時間はかかる訪問見積もりを何回もくり返すのは、非常に疲れる作業です。それぞれで値段交渉をするならなおさら疲労は濃くなります。なるべくなら疲れない程度に頑張って、安い金額の業者を見つけ出したいものです。

おすすめなのは、たくさんの業者を相手にするのは簡易的な見積もりだけにして、訪問見積もりは選りすぐりの3社だけにするという方法です。

一括見積もりサイトで見積もりを取ったら、安い金額を提示した順に3社業者を選んで訪問見積もりを取ります。相見積もりしていることを伝えて、価格を競い合ってもらうにしても、3社だけなら1日で済ますことも可能です。

だらだらとたくさんの業者を相手に交渉を続けるより、参加させる業者の数に区切りをつけた方が効率よく安価な引っ越しができます。

見積もり交渉のコツ

訪問見積もりの際は、最終的にそこの業者に頼む可能性もあるので、あくまでも強気にならず、その場にいない誰かを決裁者に見立ててスケープゴートにするのがコツです。

例えば、家族単位での引っ越しで夫が交渉に立つなら「恥ずかしい話、嫁の尻に敷かれてまして・・・」などと前置きしてから、要望を伝えるといった感じです。妻という共通の壁を乗り越えるために相談をする体で話が進められるため、営業マンと仲良くなれるという利点もあります。

不動産業者が紹介する引っ越し業者に頼むと、丁寧な仕事や高過ぎない普通の料金が期待できるので、交渉が苦手な人や値切るという行為をしたくない人は利用すると良いでしょう。

さらに値段交渉をして安くしたい場合は、ほかの業者と比較するために、簡単にたくさんの業者の見積もりができる一括見積もりサイトを活用するのがおすすめです。使える手はすべて使って、効率よく安価な引っ越しをしましょう。

ページトップ